2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑩帰りに眺めた赤土の岩山

Scenic Train Verde Canyon 翌日、掲題の観光列車に乗るため、少し早めに出発し、駅へ向かいました。駅の駐車場に車を止め、チケットを受け取り、あとは出発を待つばかりでしたが、それまでかなり時間がありました。かなり長い列車で数十台の車両とワゴンが…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑨結婚記念日ディナー

この日は私たちの結婚11週記念日なのでディナーには相棒がとても良いレストランを予約してくれました。Mariposaというスペイン風料理屋で高台にあり、景色が最高です。 パーキングエリアの近くの入口には、火が入った丸い灯りが立っていて雰囲気を出していま…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑧セドナの遺跡と州立公園

Tuzisgoot 遺跡 翌日、インディアン古代住居遺跡 Tuzisgoot 遺跡を訪れました。ここは私の持っているSenior Passが使えました。このパス、私が購入した時は10ドルぐらい、今は80ドルに値上がりしていましたのでビックリ。一生使えるパスで、国立公園に無料で…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑦ セドナのホテル

小さなブティック・ホテル 翌朝、パウエル湖のホテルをチェックアウトしてから、すぐ近くのウェスタン風なローカルレストランで朝食をとりました。スタッフは優しくて家族みたいな雰囲気で、ただの目玉焼きがそれだけで美味しかったです。 いい気分になって…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑥パウエル湖ボートツアー

グレンダムと谷間の美観 翌朝、ホテルではまともな朝食ができないので、ペイジの町の近くまで車で行ってデニーズで朝食をとりました。美味しいとは言えませんが、ごく普通の朝食が食べられました。 帰りはその近くにある美観スポットに寄りました。溶岩が固…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ⑤ アンテロープキャニオン

さて、コーヒースタンドの朝食のあと、アンテロープキャニオンに向かいました。 近くにあるペイジという町まで行き、そこにあるオフィスで予約していたチケットをもらい、ジープに乗ってキャニオン入口まで行くのです。 私たちが訪れたのはアッパーキャニオ…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ④パウエル湖のホテル

リゾート?ホテル 次の目的地、パウエル湖のホテルについたのは午後3時ごろ。写真はホテルのパーキング場へ近づいた時に撮ったもの。 オフシーズンなので人はチラホラとしか見えません。 夕食を楽しみにしていたのですが、3~4か所あるホテルのレストラン…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ③ ホピインディアン住居Walpi遺跡

翌朝ホテルをチェックアウトし、ホピ族のWalpi遺跡へ向かいました。途中少し迷いましたが、予約しておいたホピ族のガイドさんと何とか合流でき、高台絶壁にある遺跡を訪問しました。 ガイドさんは私たちの前を凄いスピードでどんどん車を走らせ高台の遺跡へ…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ② Flagstaffの天文台

辛いチベッタンスープ さて機内でオレンジジュースを飲んでから持病の頭痛がはじまり、Flagstaffのホテルに着いてもまだとても苦しくて、食欲ないまま夕食に出かけました。 近くのチベット料理屋で辛いヌードルスープを注文。ウェイターに「1から5までの辛…

2017年末の旅 アリゾナ州アンテロープキャニオンとセドナの赤い岩壁 ① 往きの機内でUFO?

ワッ!あれは何だ!? 旅の話ですが、まず往きの機内であったことから始めます。 今回飛行機は NY→ Phoenix (飛行時間約4-5時間)、乗り換えて→ Flagstaff (同約40分)という旅程。 Phoenixまでは何事もなく、機内から撮ったロッキー山脈のしっぽの方の写真が…

今年もよろしくお願い申し上げます

一昨日の夜行便に乗り、昨日の早朝に戻りました。 フェニックス(Phoenix) の北にあるフラッグスタッフ(Flagstaff) より更に北のホピインディアン保護地区あたりは海抜も高く 、所によっては5000フィート以上もあり、 物凄ぉーく乾燥していて、唇がシボシボシ…

2017年末の旅

毎年、私の感じる時の速さが増し、今年は一刻一刻が1/67のスピード、来年は1/68のスピードで「じゃぁね」と過ぎていきます(毎度、ジャネーの法則のババァギャクで失礼)。今年もあと20日を切りました、今週はハヌカ、翌週はクリスマス。年越しはアッと言う…

本棚の思い出 老いぼれジェイク

下欄に私の記憶の衰えを述べましたが、旅の記憶もどんどん消えていきます。しかし写真をみると思い出すことも多々あります。 昔フィルムを使用していた頃は現像やアルバム作りなど手間がかかったものですが、今は撮り直しも消却も自由なデジタル式で現像せず…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (8)

7日目 (ハリファクス → ペギーズコーブ → ヤーマス) ヤーマスに戻る前にルーネンバーグの姉妹町みたいなマホーンベイに寄りましたが、似ていても世界遺産には遠く叶わず、あまりインパクトはありませんでした。その後、ペギーズコーブ(Peggy's Cove)に寄り…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (7)

6日目 (ハリファクス) 昨夜の雨は止んで良い天気になっていました。ラッキー。都会には興味のない私たちですが、最近 "Maudie"という映画をみて感動したことも手伝い、主人公のアーティスト、モードルイスさんの作品を展示している美術館がハリファクスにあ…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (6)

5日目 (トラウトポイント → ルーネンバーグ → ハリファクス) 朝食のあと、ゆっくりチェックアウトの支度をしました。 この宿にいると時間がゆったりと進行するような感覚に陥り、アインシュタインの時間の世界が分かるような気になります。 部屋の造りも落ち…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (5)

4日目 (トラウトポイント) 朝食は8時からビュッフェ式になってました。キーシュはノバスコシアのビュッフェ式朝食の定番のようです。別途頼めば卵焼きでも目玉焼きでも作ってくれますが、色々なものが並べられているので私はそれで充分でした。果物はこの辺…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (3)

3日目 (ヤーマス → ケープフォシュ) 翌朝、ホテルの部屋の窓の外にニョキッと鉄塔のようなものが上ってくるのが見えました。な、なんだろうと思って窓の外をみると、なにか作業をしています。見えたのはクレーンの長い首でした。クレーンは大きな重そうな荷…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (2)

2日目 [ポートランドMA (米) → ヤーマスNS (加) ] 朝11時発のフェリーですが遅くとも10時15分までには船着場のパーキングで待機していなければなりません。ノバスコシアはカナダ、一応外国(笑)なので今はパスポートが必要。昔はドライバーズライセンスぐらい…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (1)

旅先は清潔で静かな所でした。行程を地図に示してみました。ちょっと分かり難いかも知れませんが、緑線が車の移動、青がフェリー、赤丸が宿泊地点。シニアだからゆったりした日程です。 以下、自分のための覚書のつもりで日記のように書き綴ってみました。他…

2017年レイバーデー休日の旅

今朝早く病院へ検査に行きました。検査は喉と胸部のCAT SCAN、腰骨のレントゲンの2つ。甲状腺癌手術から数年経ちますが、定期検診で癌細胞マーカーのサイログロブリンの血中濃度が毎回高いので、今回は念のためCAT SCANを撮って残留癌細胞がどこにあるか調…

ポーツマスの旅

ポーツマスの旅について日付を追って簡単に書きたいと思います。 7/1 土曜日 NY市からポーツマスまでの所要時間は車で約5時間。今回、NY市はスムーズに抜けたのですが、コネクチカットの途中で道路工事が2か所もあり、渋滞に遭って8時間かかりました。 夕食…

カラフルな丘

米国西部のネバダ州、ユタ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州などの砂漠には、ペインテッド・ヒルorマウンティンと呼ばれるカラフルな地層の山腹が重なる美しい景色が各所に見られます。私が訪れたカラフルな丘は、カリフォルニアとネバダの州境のデスバレー…

ポーツマス条約

今週末から独立記念日の休日までニューハンプシャー州のポーツマスを訪れます。前々からポーツマスは一度訪ねてみたかった所です。私は港町を訪れることが好きで、ここは日露間条約が結ばれた所と言うこともあり、訪れてみたかったのです。掲題の条約につい…

不可解なこと

不可解なこと(1) 自分の携帯のメモに「あの無用なネイルサロンがない」と書き残してあるのを見つけ、今回のユタ州の旅で、ふと思ったことをメモしておいたのを思い出しました。 ユタ州は、ソルトレイクシティのように大都市になるとやはりレフティストに…

メモリアルデー休日の旅 (2)気候

5月末のユタ州南部St. Georgeは連日35℃を越す暑さでしたが湿気が少ないため汗はすぐ乾いてしまいサラッとして気持の良い気候です。 ただ、日差しがとても強く、相棒は鼻梁に皮膚癌を発生したこともあり、日焼けには十二分の注意が必要です。案の定、最初の一…

メモリアルデー休日の旅 (3)食事

この町のレストランは食材の吟味がよく、海辺でもないのに魚介類もまったく臭みがなく大変美味しかったです。普通のダイナー(大衆食堂)でさえトーストのパンがフレッシュで美味なのには驚きました。フルーツも、例えば苺なども完熟の甘さと香りがあり、私は…

メモリアルデー休日の旅 (4)国立公園、州立公園

最初の日は宿近くのボタニックガーデンを訪れて変わった植物を観賞しました。 ←それからアンピシアター(円形劇場)を訪れました。 広大な岩山に囲まれた野外劇場で、非常に野性味があります。観客用のイスが近代的なのが玉にキズですが、ここで歌や演奏を鑑賞…

メモリアルデー休日の旅 (1)余談

先ずは私の得意な脱線話、余談話から始めます。 旅の日数は4泊5日でしたが前後2日は飛行機の中(5時間)なので現地を楽しんだのは3日間のみ。荷物も軽く、自宅に戻っても旅の疲れもなく、老いた我が身にはこのぐらいの日数が丁度いいように思いました。 タイム…

ユタ州から戻りました

先ほどNYへ戻ってきました。 私たちが訪れたのはザイアン国立公園に近い St. George という町。 下欄に貼り付けた写真についてチョット付け加えておきます。 写真は Delicate Arch のあるアーチ国立公園の景色です。 アーチの公園は St. George から北東へ50…