本棚の思い出 老いぼれジェイク

下欄に私の記憶の衰えを述べましたが、旅の記憶もどんどん消えていきます。しかし写真をみると思い出すことも多々あります。 昔フィルムを使用していた頃は現像やアルバム作りなど手間がかかったものですが、今は撮り直しも消却も自由なデジタル式で現像せず…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (8)

7日目 (ハリファクス → ペギーズコーブ → ヤーマス) ヤーマスに戻る前にルーネンバーグの姉妹町みたいなマホーンベイに寄りましたが、似ていても世界遺産には遠く叶わず、あまりインパクトはありませんでした。その後、ペギーズコーブ(Peggy's Cove)に寄り…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (7)

6日目 (ハリファクス) 昨夜の雨は止んで良い天気になっていました。ラッキー。都会には興味のない私たちですが、最近 "Maudie"という映画をみて感動したことも手伝い、主人公のアーティスト、モードルイスさんの作品を展示している美術館がハリファクスにあ…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (6)

5日目 (トラウトポイント → ルーネンバーグ → ハリファクス) 朝食のあと、ゆっくりチェックアウトの支度をしました。 この宿にいると時間がゆったりと進行するような感覚に陥り、アインシュタインの時間の世界が分かるような気になります。 部屋の造りも落ち…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (5)

4日目 (トラウトポイント) 朝食は8時からビュッフェ式になってました。キーシュはノバスコシアのビュッフェ式朝食の定番のようです。別途頼めば卵焼きでも目玉焼きでも作ってくれますが、色々なものが並べられているので私はそれで充分でした。果物はこの辺…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (3)

3日目 (ヤーマス → ケープフォシュ) 翌朝、ホテルの部屋の窓の外にニョキッと鉄塔のようなものが上ってくるのが見えました。な、なんだろうと思って窓の外をみると、なにか作業をしています。見えたのはクレーンの長い首でした。クレーンは大きな重そうな荷…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (2)

2日目 [ポートランドMA (米) → ヤーマスNS (加) ] 朝11時発のフェリーですが遅くとも10時15分までには船着場のパーキングで待機していなければなりません。ノバスコシアはカナダ、一応外国(笑)なので今はパスポートが必要。昔はドライバーズライセンスぐらい…

レイバーデー休日、夏の終わりの旅 Nova Scotia (1)

旅先は清潔で静かな所でした。行程を地図に示してみました。ちょっと分かり難いかも知れませんが、緑線が車の移動、青がフェリー、赤丸が宿泊地点。シニアだからゆったりした日程です。 以下、自分のための覚書のつもりで日記のように書き綴ってみました。他…

2017年レイバーデー休日の旅

今朝早く病院へ検査に行きました。検査は喉と胸部のCAT SCAN、腰骨のレントゲンの2つ。甲状腺癌手術から数年経ちますが、定期検診で癌細胞マーカーのサイログロブリンの血中濃度が毎回高いので、今回は念のためCAT SCANを撮って残留癌細胞がどこにあるか調…

ポーツマスの旅

ポーツマスの旅について日付を追って簡単に書きたいと思います。 7/1 土曜日 NY市からポーツマスまでの所要時間は車で約5時間。今回、NY市はスムーズに抜けたのですが、コネクチカットの途中で道路工事が2か所もあり、渋滞に遭って8時間かかりました。 夕食…

カラフルな丘

米国西部のネバダ州、ユタ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州などの砂漠には、ペインテッド・ヒルorマウンティンと呼ばれるカラフルな地層の山腹が重なる美しい景色が各所に見られます。私が訪れたカラフルな丘は、カリフォルニアとネバダの州境のデスバレー…

ポーツマス条約

今週末から独立記念日の休日までニューハンプシャー州のポーツマスを訪れます。前々からポーツマスは一度訪ねてみたかった所です。私は港町を訪れることが好きで、ここは日露間条約が結ばれた所と言うこともあり、訪れてみたかったのです。掲題の条約につい…

不可解なこと

不可解なこと(1) 自分の携帯のメモに「あの無用なネイルサロンがない」と書き残してあるのを見つけ、今回のユタ州の旅で、ふと思ったことをメモしておいたのを思い出しました。 ユタ州は、ソルトレイクシティのように大都市になるとやはりレフティストに…

メモリアルデー休日の旅 (2)気候

5月末のユタ州南部St. Georgeは連日35℃を越す暑さでしたが湿気が少ないため汗はすぐ乾いてしまいサラッとして気持の良い気候です。 ただ、日差しがとても強く、相棒は鼻梁に皮膚癌を発生したこともあり、日焼けには十二分の注意が必要です。案の定、最初の一…

メモリアルデー休日の旅 (3)食事

この町のレストランは食材の吟味がよく、海辺でもないのに魚介類もまったく臭みがなく大変美味しかったです。普通のダイナー(大衆食堂)でさえトーストのパンがフレッシュで美味なのには驚きました。フルーツも、例えば苺なども完熟の甘さと香りがあり、私は…

メモリアルデー休日の旅 (4)国立公園、州立公園

最初の日は宿近くのボタニックガーデンを訪れて変わった植物を観賞しました。 ←それからアンピシアター(円形劇場)を訪れました。 広大な岩山に囲まれた野外劇場で、非常に野性味があります。観客用のイスが近代的なのが玉にキズですが、ここで歌や演奏を鑑賞…

メモリアルデー休日の旅 (1)余談

先ずは私の得意な脱線話、余談話から始めます。 旅の日数は4泊5日でしたが前後2日は飛行機の中(5時間)なので現地を楽しんだのは3日間のみ。荷物も軽く、自宅に戻っても旅の疲れもなく、老いた我が身にはこのぐらいの日数が丁度いいように思いました。 タイム…

ユタ州から戻りました

先ほどNYへ戻ってきました。 私たちが訪れたのはザイアン国立公園に近い St. George という町。 下欄に貼り付けた写真についてチョット付け加えておきます。 写真は Delicate Arch のあるアーチ国立公園の景色です。 アーチの公園は St. George から北東へ50…

あさってから5日間でかけます

Fios設置やらベッドバグ駆除騒動でゴタゴタしていたので忘れていたのですが、明後日の土曜日から5日間ユタ州南部へ旅します。 滞在日数が少ないのでSt. George周辺を軽く探索する予定です。時間があればザイアン国立公園にも足を延ばしたいと思います。残念…

遠くなった日本

暫く日本に行っていない私、NYから日本へ行く航空チケットがあまりに高くなっていることを知り、驚きました。一昔前は千ドル前後で直行往復チケットが入手できましたが、今は2千ドル近く。 勿論千ドル以下の安いチケットもありますが、日程が決まっていたり…

2016年末フランス南西部の旅(6)フォンドゴム洞窟壁画

この洞窟の英語ガイドのツアーを2カ月ぐらい前にウェブで予約しておきました。数ある小規模な洞窟の殆どは冬の間は閉まっていますが、この洞窟だけ開いていました。本物の洞窟の中で実物の壁画を見せてくれるというので少し期待してしまいましたが...。 …

2016年末フランス南西部の旅(7)ラスコー洞窟壁画

さて、今度の旅の主目的でもあるラスコーです。これも旅の2,3カ月前に英語ガイドツアーのチケットを買っておきました。朝早く出て11時のツアーに間に合うように着きました。 大きな近代的な美術館の中に入ると広いロビーは人でいっぱいです。チケット売り…

2016年末フランス南西部の旅(8)中世の町 La Roque de Gageac

この町の名前を探索するとウソのように物凄く綺麗な町並みの写真が見られます。 ここに貼った私の写真よりずっと綺麗な町です。そしてそれが今でも人の住んでいる町であることに驚かされます。実際に足を踏み入れてみて「フランスで一番美しい町」と名士に呼…

2016年末フランス南西部の旅(5)岩壁洞窟と中世の城

宿から車で1時間半ほどのモンティニャックの町にクロマニヨン人発見の地があります。 この町に住むクロマニヨン氏の所持する敷地で骨が見つかり、発見場所の名を付けられた旧石器人類クロマニヨン。その旧跡にミュージアムがあるのですが、残念ながら冬期休…

2016年末フランス南西部の旅(4)トレモラの町

ホントに小さな町です。歩いて廻れば午前中だけで終わってしまう。 でも写真のように可愛らしい石造りの家がそこかしこに並んでいて、まるで町全体が美術館のようです。 キリコの絵のような静けさはシーズンオフでツーリストが少なく、またクリスマス祭日で…

2016年末フランス南西部の旅(1) 全般

12月23日から1月2日まで延べ10日間の旅でした。 ニューヨークから、パリ乗り換えで、ボルドーに着いた日は1泊。 翌日からドドーネ川沿いを東に向かって車で2時間ほどのトレモラ(Tremorat)という小さな小さな田舎町に5泊。ここを拠点に今回の旅の目的である…

2016年末フランス南西部の旅(2) 気が付いた事

★レンタカー 欧州ではディーゼルカーが多いようです。イタリアでのレンタカーはマルセデス、ディーゼルで給油は1度で済みました。今回はプジョー、ディーゼルで給油は2回だけ。最初の給油は念のためだったので本当は1回でもよかったほどです。旅では給油回数…

2016年末フランス南西部の旅(3) 動物

★猫 まず最初に迎えてくれたのは、トレモラの宿にいた猫たち。 ホテルの駐車場に行くと三毛ちゃんがいました。「ちょっと待って、写真とるから」とカメラを向けると向こうを向いてしまったので「こっち向いて」と言うとちょっとだけ向いてくれました。寒い朝…

ただいま

昨夜戻りました。たった6時間ほどの時差ですが、機内でウトウト、帰宅してからもボーっとして、眠気眼(まなこ)で旅支度を解いてすぐ寝てしまいました。起きたらもう新年は3日目。笑っちゃうほど時の流れが早いことで自分の歳を自覚させられる日々です。 さ…

旅のつれづれ

旅の準備の薬を詰め始めながら「旅慣れている私たちでさえ色々困ることがあるのだから、旅慣れない人はよほど大変だ」とふと思いました。 若い時は元気だし健康だから準備も簡単ですが、老いると複数の処方箋薬を服用している人も多いので、それを持って行か…