雑文

日を追って

下欄に「日を追って...」と自分で表現しておいて、あとで読み直して「ん?」と思いました。「日ごと、順に」というつもりで「日を、追っていく」と書いたつもりが別の意味に聞こえてしまう。それで下欄の最初の一行を「日付」と直しました。 和風にチョッ…

無駄のない体

下欄をみていて、身長を記したことで私が身体のことを批判しているように思われないよう、私の気持を書いておきます。私は自分が5頭身、短足長胴、デブ、その他諸々と心得ていますから、他人の身体のことを批判する気持は毛頭ありません。 小村寿太郎がその…

カラフルな丘

米国西部のネバダ州、ユタ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州などの砂漠には、ペインテッド・ヒルorマウンティンと呼ばれるカラフルな地層の山腹が重なる美しい景色が各所に見られます。私が訪れたカラフルな丘は、カリフォルニアとネバダの州境のデスバレー…

海ゆかば

2日ほど前、なぜか『海ゆかば』の歌が頭に浮かびました。何だろと思ってwikiをみてみましたが、特にこの日に関係することは見当たりませんでした。ただ、歌詞が大伴家持の長い詩の一節であると知りました。千数百年前の詩が今でも歌われ人の心を打つことに感…

不可解なこと

不可解なこと(1) 自分の携帯のメモに「あの無用なネイルサロンがない」と書き残してあるのを見つけ、今回のユタ州の旅で、ふと思ったことをメモしておいたのを思い出しました。 ユタ州は、ソルトレイクシティのように大都市になるとやはりレフティストに…

ヒモ理論

理由もなく何でこんな夢を見たんだろうと思うように、起きている時でも、例えば台所で調理をしている時に、フッと昔の記憶の切れ端のようなものが頭に浮かんできて、悔いのような嫌な気持に襲われることがあります。なぜこんな記憶が今頃湧き出てくるんだろ…

量子もつれ?

最近「表裏一体」「対(つい)」ということをよく考えるようになりました。善悪、陰陽、美醜、苦楽、など種々あります。 例えば、善悪:一方を善とすると相対するものは悪になります。人によって考え方はそれぞれなのでどちらが善でどちらが悪か意見の食い違い…

老いる

最近、街の小売店などを見ていても、それが何の店なのか、何を売っているのか判らなくなってきています。婆の頭の中が、時代の流れに乗らず、同じ所に淀み始めたということかな。 「乗れず」と可能の否定でなく「乗らず」と意志の否定で表したのは、若い世代…

携帯カメラの脅威

マンハッタンでは、交通量の多い場所にあるバス停車には車が駐車(違反)していて、バス停に近づけないバスは止まらずに通り過ぎて行ってしまうことがあります。雨の日や雪の日などには、やっと来たバスに通り過ぎられると、バス停に駐車違反している車を訴え…

寿司愚考

最期まで1店だけ残っていたEast回転寿司の店が消えてから、私の知る限り、マンハッタンから回転寿司の店はなくなりました。多分、ブルックリンやロングアイランド、隣州のニュージャージーなどにはまだあるかも知れませんが、行く機会はないと思いますので…

三寒四温

先週半ば初夏のような高温になったかと思ったら先週末から3日ほど零下になる日が続きました。今週半ばからまた暖かくなるようです。 先週の3月3日、日本は雛祭りだなぁ、と思いながら桜の絵をマウスで描きました。今年の桜はいつになるかなぁ。

心知らぬ 人は何とも言わば謂え 身をも惜しまじ 名をも惜しまじ

明智光秀のことは司馬遼太郎の書いたものを何十年か前に読んだことがあります。昔のことで、光秀自身のことについて書かれたものを読んだのか、細川ガラシャについて書かれたものを読んだのか、その両方を読んだのか、すっかり忘れてしまっています。司馬さ…

7日目のバラと今日のバラ

バラのアレンジメントが二つになりました。 上は届いてから7日目のバラのアレンジメント。 バレンタインズデーの贈り物。 下は今日届いたバラのアレンジメント。 誕生日の贈り物。 相棒は10年以上もこうやってお花を贈り続けてくれています。

3日目のバラ

今日で三日目のバラです。 密集した大輪の花びらがドンドン膨らんで押し合ってます。 近くを歩くと、フッ、フッっとバラの甘い匂いが漂ってきます。 相棒に何度も「いい匂いのバラをありがとう」

2本に増えた生命線

手相を信じているわけではありませんが、今日ふいに右手の生命線が2本あることに気付きました。太い線と細い線の2本。前からあって特に気にせずにいたものか、最近あらたに出来た線なのか、記憶の悪くなった私にはどちらなのか自信がありません。私としては…

広重

日本のTV番組をYouTubeで見ていたら浮世絵の話題で「歌川広重」と表示しているのに気が付きました。「安藤広重とちがうんか?」と疑問が湧いてwikiで調べてみたら『安藤広重から歌川広重に訂正された』とありました。 『本名は安藤重右衛門。浮世絵の歌川豊…

一皮むけば

週の初めにエコー検査を受けましたが、その時ふと感じたことがありました。プシューッ、プシューッという血液パンピングの音とシンクロで動く弁膜をじっと見ていて、自分の意志の届かぬところで身体が活動していることに改めて未知の力(神?)を感じました。…

足の爪

ちょっと自分の右のお尻の傷を鏡でみてみました。長さは20センチぐらいと推測していたのですが実際に定規で測ると17センチでした。今は、食い込んだような生々しさが消えたのでグロテスクではなくなってきています。時々ヒリヒリッとすることがあって完全に…

塞翁が馬

掲題は、最近よく思う言葉です。世の中、何が幸いして何が災いするか分からないです。 私は何でも太く生まれました。骨も太く、毛髪も太く、もちろん身体全体も太く、特に四肢が太くて、このため人生の半分以上自己嫌悪に悩まされ続けています。 ところが、…

トカトントン

新しいパソコンは慣れないので、どのファイルがどこにあるかも分からなくなっており、少しずつ整理しながら使っています。古いファイルを削除しようとして書類を選んでいる時に「トカトントン」というタイトルの書類が目につきました。開けてみると2年前の日…

フォークとナイフの置き方

下欄「箸の置き方」のコラムを見た相棒が、こんな狸の箸置の絵をEメールしてくれました。 可愛いけど意味深ですねぇ。メスだぬきの場合はどう置くのか?と返信したら相棒は「フーム」と唸っていました。あんまり深追いしない方がいいようです。さて箸の置き…

心の準備?

最近、たった今自分のやったことでもスポッとその部分だけ記憶が消えてしまうことが多くなりました。私には毎日飲む薬やサプリがたくさんあります。朝と夜1週間分を容器に分けて入れてあり、服用する時に1回分を小皿に取り出しています。医者の指示で、甲…

立春

日本はすでに2月3日で節分ですが、きょう米国は2月2日グラウンドホッグデーです。グラウンドホッグが春を占います。冬篭りしているところを人間に無理やり外に引っ張り出されて、眠い顔しているのはごもっとも。 米国で一番有名なペンシルバニア州パンクサト…

バス停の雪の山

大雪の週末明けのきのう買物に出かけて見たものはコレ。 ニューヨークの市で働く人たちって自分のために悪知恵を働かせることはあっても、他人のために頭を働かせることはまったくないようです。 雪かきをして歩道をきれいにしてくれるのはいいのですが、バ…

ツゴイネルワイゼンを聴いているワケ

今、ツゴイネルワイゼン(私が子供の頃はチゴイネルワイゼンと呼んでました)をYouTubeで聴きながらコレ書いています。どうしてそうなったかというと、こうです。今週末に興味深いアウシュビッツ関連の映画が公開されることになっています。それで、ふと「強制…

555...

この間、相棒が arigatogozaimasu とメールしてきたので、こんな感じの判じ絵を描いて返信しました。 何年か前ですが「地球最後のふたり」という題名に惹かれてタイの映画をみました。内容は、観た時意味不明で、今はすっかり忘れていますが、タイ語で「5」…

腐っても鯛、老いても鷲

日本を離れて44年、日常、人と話すことより書いていることの方が多い私の日本語は昔のまま淀んでいます。今は使われない諺(ことわざ)がチョイチョイ出てきたり、私特有の妙な擬音表現もあって、グーグル付録の翻訳ツールを通すとトンでもない英訳になります…

ペンシルバニア?

「時代遅れ」を書いたあと、ふと家にある古い分厚いTVセットに気がつきました。最近はフラットスクリーンのモニターが街のあちこちに設置されるほど普及していますが、数年前までフラットTVは5000ドル前後しました。その後2000ドルほどまで下がり、現在は、…

時代遅れ

マンハッタンの小売店の品揃えが私には合わなくなってきています。10年あまり前から、まず裁縫小物を売る店がなくなってしまいました。ちょっと糸とミシン針を買おうと思えば、洋服問屋の集まるミッドタウンに足を伸ばし、まるで「知る人ぞ知る」とでも言う…

もうすぐハロウィーン

気が付けば、9月はアッという間に過ぎて10月ももう半ば近くになっていました。 今月末にハロウィーン祭があるのですが、その不気味な飾り付けが年々楽しくなってきています。 町を歩くと玄関先や庭などに骸骨や髑髏やお化けがオレンジ色のカボチャの横につる…

ニューヨークの臭い一日

きょうはなぜか朝から臭いに悩まされました。 シャワーを浴びたあと、ふとカビ臭さが鼻を突き、キョロキョロすると濡れたバスタオルが目に付きました。バスタオルはすぐ乾かさないとカビ臭くなるので気をつけてはいるのですが、どうもタオルから臭ったようで…

馬とテレパシー

動物好きな私は、街に出て犬をみると目を見て(歯を出さないようにして)ニコッとしてしまうのですが、すると殆どの犬が「おお友よ」ってな具合にホイホイ私の方に近づいてきたりするので飼い主には迷惑かも知れません。それから前を散歩している犬に後ろから…

ベンチで休んで

今度の旅の話はもう少しあとで書きます。相棒のCPAPには毎日蒸留水が必要です。どの店でも1ガロン単位で蒸留水が売られています。せめて半ガロンのボトルがあると助かるのですが、老体のこの身には重たい1ガロンは持ち帰るのが辛くなってきています。一昨日…

ちょっとホロッとしたこと

先日、相棒が仕事の途中で私を救急病院へ連れて行ってくれたのですが、私の様子が只事でなかったのか、かなり慌ててオフィスを出たようです。 翌日、相棒がいつものように遅くまで残業していると、掃除のおばさんがやって来て「きのう、何かあったの?」と訊…

スワ?

オンラインなどで新しくアカウントを開く時、あとでアカウントの更新をする際に本人かどうか確認するための「特殊質疑応答」を設置することがあります。質問は本人しか知らないこと、例えば母親の結婚前の姓とか、好きな旅行先、結婚記念日などがリストアッ…

雨の百日紅

きょうNY市は灰色の曇り空。時々暗い雨雲がやってきては降ったり止んだりを繰り返しています。私は午後一番で腰関節のセラピに行ってきました。出かけようとしたら雨が降り、セラピが終わって出てきたら雨が降り、私が外に出ると雨が降り出すような気がしま…

Have a nice day!

先日、例の二人の脱獄囚のうち一人が見つかり撃たれて死亡。昨日、もう一人がカナダ国境まで2マイルのところで見つかり、撃たれて捕まり、病院で手当を受けているそうです。人を殺すことを躊躇しない恐ろしい連中で、笑ってはいけないと思いながら、どうして…

冗談じゃない?!

ゾゾッ! 冗談で書いたんですが、何だか冗談じゃなくなってきたのかも知れません。下欄の「老婆心」のところでレフティストのグループが「保守派女性の殺害リスト」を作成しているから私も気をつけなければ、などと冗談を書きました。リストが作成されている…

老婆心

私の住んでいる街NY市は70年代の退廃へと急速に逆行しています。 恐ろしいのは、市民の安全より犯罪者の権利を優先する市長が選ばれたので、街が昔のように犯罪で溢れるようになるだろうということです。市民は夜歩けず、昼もさっさと通り過ぎて、街中に一般…

生きるということ

いつだったか、今年になって、ふと「生きる」ということについて今までとは少し違った気持が湧いてきました。それは、既に多くの人が言っていることなのですが、頭の方がうまく成熟できなかった私は、65歳にしてやっと「生きることとは学ぶこと」だと実感し…

NYの脱獄囚

10日ほど前に、NY州北部にある刑務所から二人の囚人が脱獄したというニュースは日本にも伝わっているかもしれません。笑ってしまったのは「電動ノコだかを使って脱出した」と聞いた時でした。まさか...音がするではないですか。このことについて、同刑務…

戦友

今朝、目を覚ますと目玉の奥がズキズキしていました。偏頭痛の始まりです。すぐエクセドリンを飲みました。朝一でエクセドリンを飲むと、まるでドラッグのように気分が軽くなって歌が出てくることがあります。今朝は妙な歌が浮かんできました。父が好きでよ…

旅の話がまだ書けないワケ

パソコンの修理屋さんが motherboard と呼んでいましたが、その母体というか本体というか、電子回路の基盤全部取り替えたので、いろいろ問題が起きています。一応、前のファイルは外部メモリーに残してもらったのですが、かなりのソフトを失いました。 ワー…

暗雲

今日の空は青く明るいというのに、NY市の先行きは暗いです。 NY市の殺人件数が15%増したそうです。市長の管理下にある警察ですが、犯罪を取り締まることを嫌う今の市長が警官の正義感を削ぎ、NY市を1970年代の退廃した街に戻そうとしているようです。ジュリ…

タライ回しする嫌味なVerizon電話会社

VERIZON! 二日前に携帯のEメールが使えなくなりました。パスワードが合わないというワーニングがでるのです。PCのほうのEメールは大丈夫だと思うのですが、なんせPCは修理に出しているので、みてみるわけにいきません。3週間ほど前にバッグを失くし、中に入…

いい加減なVerizonの顧客係

下欄のVerizonのEメール問題ですが、今、設定を最後にもう一度自分でやり直してみたら、なんと直ってしまいました。VERIZON! それにしても昨日から今日にかけて何人ものVerizonの係と話しましたが、なんといい加減なことばかり言われたことか、と改めてあき…

Locksmith

きょう錠前屋さんにドアの錠前を取り替えて貰いました。今月はじめにハンドバッグを紛失し、いろいろ大事なものを失くし、鍵もその一つでした。 錠前屋さんがシリンダーをドアの裏でなく前から外したのを見て興味が湧いた私が「見ていていいですか?」と言う…

Jury Duty 選択過程その1

きのうはとても疲れました。Jurors Assembly Roomと呼ばれる陪審員候補の待機室に座って間もなく、60人ぐらいの候補者が呼ばれた中に私も含まれていました。ゾロゾロと通りの向かい側にある最高裁のビルへ移り、裁判所の一室へ入り、みな空の傍聴席に座りま…

Jury Duty 選択過程その2

さて、質疑応答が終わったところでランチの時間となり2時15分までに戻るように指示されました。ランチのあと、みな指定時刻に裁判所の一室のドアの前にあるホールで待っていました。ところが10分経っても20分経ってもドアは開きません。30分ぐらいすると、…

Jury Duty

今朝一番で裁判所へ行きました。2ヶ月ほど前、陪審員召喚状が届いて、今日がその最初の日。朝のトイレもそこそこに、必死に所定時刻に間に合うように出ました。 バスと地下鉄を乗り継いで、やっと到着。ビルの入り口にはセキュリティチェックの長い列ができ…