自然淘汰 ?

私が日常買物に行くスーパーは4、5軒ほどあります。一番多く行くのは2ブロック
ほど離れたブロードウエイにある Food Emporium。ここではトイレットペーパー
などのペーパー類、乳製品、野菜果物を主に買います。

魚介類や肉類は、遠いですが6ブロックほど離れた Morton Williams/A&P が安くて
新鮮なので、エネルギーのある時はソコまで行って買います。ここは卵も安くて
新鮮です。

今日は 5ブロック離れた WholeFoodに行って 豆乳をたくさん買い込んできました。いろいろな豆乳がありますが、なぜか WholeFood ブランドのものが安くて一番味が良いのです。オリーブ油もココが安いです。

歩いて1分の所に Gourmet Garageがあり、ここでは急に必要になったものを買い
ます。パンはここが美味しいです。

米国のスーパーの野菜や果物は、新鮮でない上、高くて不味いので、3ブロック離れたコリアン(韓国の)スーパーで買います。

さて、これは私の思い違いかもしれないのですが、最近、どのスーパーでも見つ
けにくいものが二つあり、なんだか気になっています。一つは黒っぽい服を洗う
ための洗剤( Woolite Darkなど)が全く見つからないのです。最初はその日売り切
れたのだろうと思っていたのですが、どうも店頭から消えてしまったようです。
いろいろなスーパーに行って、やっと1つの店で見つけました。

もう一つはオレンジママレード。相棒も私もジャムはこれが一番好きなのです。
ところが、なかなか見つけられないのです。ジャムにはいろいろな種類があって、
変わったものではイチジクのジャムまであるのですが、なぜかオレンジママレー
ドがありません。

最近の若い年代は、わざわざ黒い服を分けて専用の洗剤を使うという手間のかか
ることはしないのか、ママレードなどという昔風のジャムは時代遅れな味だと思
うのか、などという考えがチラッと横切ったりします。