彩しらべ

毎日どんよりした日が続くニューヨークです。ミズリー州では竜巻が続いて襲い 大変な被害が出ているそうで、最近の天候は米国の先行きの暗さを暗示してでもいるかのようです。

そのせいか、いやゼンゼン関係ないけど、きのうは夕食で白ワインを飲み過ぎました(笑)。食事の帰り、今にも雨が降りそうな空模様のフィフス(五番街)を相棒とマッタリ歩いていて『源吉兆庵』の近くに来たので和菓子を少し買いました。

和菓子を買うのは何年振りでしょか。『彩しらべ』『天下鯛平』など1つずつ買い、バスを待つ間に相棒と二人で1つを半分にして味見をしました。二人とも『彩しらべ』の味わいの深さに驚きました。バターなど入っている筈がないのに、バターのようなコクのある甘さが口の中にモッチリと広がります。厳選された豆を大事に煮て醸し出す甘さなのでしょうか、和菓子の素晴らしさに改めて感心しました。

後記:後になって分かったのですが「彩しらべ」には生クリームが入っているのだそうですねぇ。和菓子って和材しか使わないと思い込んでいた私は老いてなおナイーブ。