Fionaの場合

犬って、二心がなく、その純真さを率直に態度に表すので、心が溶かされ感動してしまいますね。YouTubeで見つけたビデオは、よくある動物救助話なんですが、それでもこのプードルの話に私はまた泣かされてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=nnYRhanK3XA


ナレーションをかいつまむとこうです。
・ 汚れきった犬がいると通報を受けた救助員が、南ロサンゼルスの空地へ向かった。
・ 行ってみると、ゴミまみれになってうずくまっている犬が見つかった。
・ ドロドロに汚れた犬の両目は視力がないということがすぐ分かった。
・ 犬は人の気配に怯えて固まってしまい、恐さでおしっこをしてしまった。
・ この犬をFionaと呼ぶことにした。
・ Fionaは、今まで救助された犬の中でも最も酷く蚤にたかられていた。
・ 数日後、Fionaをドクターに診せに行った。
・ ドクターはFionaは全盲だと診断した。
・ ドクターは片目の視力を回復させることは可能だと言った。
・ 手術の翌日、Fionaは久しぶりにものをみることができた。
・ 数週間後、Fionaはジェントリー夫妻に引き取られた。

動物は顔の表情が豊かでないと言われますが、それでもFionaの最初と最後では目つきも口元も全く表情が違いますね。

相棒にこのビデオのリンクをEメールしたら「人間というものは分からないねぇ。こうやって犬を助ける善良な人間もいれば、このように犬に酷い仕打ちをして見捨てる極悪な人間もいるんだから」と溜息ついてました。