Branford Pear Trees (旅の続き)

Tonyさんが、宿の近くの町、Branfordにあるペアツリーの並木が見ものだと教えてくれました。ペアツリーの好きな私はウキウキして相棒と一緒に見に行きました。

Branfordは、とてもきれいでカワイイ町でした。グリーンの芝生の広場の前には教会が2つもあり、イースターの正午の鐘を交互に鳴らしていました。町の一角に平和を望む碑があり、その一面には日本語でも書かれていました。

さて、白く見事な花が咲いた町の豪華なぺアツリーの並木に、私は圧倒されました。花見は桜に限らない...こんな美しいペアツリーの花見が出来て嬉しい限りでした。

左の写真、勿論、ワタシでなく、背後の美しいペアツリーの並木のみにご注目ください。ワタシャ太って太って73キロ、鼻が頬の中にのめり込んで鼻ペチャのハッパフミフミに写ってしまいますので、もう少し痩せてからの写真をアップしたいわい、と思うのですが、筆者が写っていると文章も身近に感じるかなというサービス精神でございまする。

ペアツリーの並木の間に、少しだけ桜の木もあり、やはり美しく開花していました。空気がきれいなだけ花も美しいのだなぁと思ってしまいました。
こちら、歩道の左側が桜、右側に枯れ枝の木があり、その上の方に丸くあるものは鳥の巣です。