Kumato

マンハッタンのスーパーで売っている野菜や果物は一般に美味しくないです。香りのない西洋ミツバ、甘くなくて歯ざわりの悪いリンゴ、皮が厚くて酸っぱいミカン、生野菜のような味の苺などなど。トマトも、色は真っ赤できれいですが、肉が柔らかくて味が悪く、サラダにしても美味しくありませんので、なかなか買う気になりませんでした。

ところが、最近、Kumatoというトマトを見かけるようになりました。赤と緑の混ざった茶色のような色をしており、見かけは不味そうです。不味そうなのに高いのです。試しに買ってみました。
美味しいのです。昔、日本で食べたトマトの味がしました。適当な酸味と香りがあり、肉がしっかりしているのが嬉しいです。大きさは普通のトマトの半分ぐらい。

Kumatoをスライスして生ニンニクを薄切りにしたものをまぶし、ヒマラヤのピンクソルトという塩をかけて食べました。美味しいのなんのって、久しぶりに「食べられる野菜」を食べた気がしました。