ケープアン ①鯨見物

ケープアンとケープコッドに挟まれた辺りの海は鯨の餌場だそうです。相変わらず、凝りもせず、相棒が好きなため、またまた Whale Watching をいたしました。

私は「鯨を見つける度にドドドドドッとエンジンの音をたてて鯨のいる方へ船を走らせることを繰り返す方法のWhale Watching」に嫌気が指しています。エンジンの音がすれば鯨は反って船から遠退くと思うのです。餌場なのだから、その辺に停止していれば、餌を追って知らず知らず船に近づくのではないかと思うのです。もし次回鯨見物する機会があれば、小さなボートで、鯨の頭を撫でたりできる見物法のものにしたいと思ってます。

写真は地元の海洋物研究員が勝手に「コロンビア」と名付けているメスのミンク鯨のシッポ。これでもやっと撮れたのです。海面から飛び上がった側面を、何度も撮ろうとしましたが、シャッターを押した時はもう海にもぐってしまってタイミングを逃してばかり。