コーヒー豆煎り

コーヒー豆がなくなり、ダンキンドーナッツの豆が美味しかったので、また購入したかったのですが、歩いて行ける距離にDDの店がないので、近くのホールフーズに豆の買出しに行きました。ここで買う時はいつも煎りの軽い「コロンビアン・ラ・カシカ」という豆にしています。でも、たまには変わった豆をと思い、やはり煎りの軽い「コスタリカン」という豆も少し買ってみました。

家に戻ってさっそくコスタリカンを挽いて入れてみると、飲む前から酸味が鼻にツンときて私にはとても飲めません。半パウンド強ほど買ってしまい、処置に困ってしまいました。しかし、そこは老獪な私、ふと一計が浮かびました。酸味は煎ると消えるかも知れないと思ったのです。それで豆をフライパンで乾煎りしてみました。煎り返しです。茶色からこげ茶色になった豆を挽いて飲んでみると、なんと酸味は消え、炭焼きのように素朴な味になりました。
酸味、スッパイは成功のもと!