The Master 観ました

チャーチ・オブ・サイエントロジー創立者の暴露映画だと思って期待していたのですが「拍子抜け」でした。インチキ万能講師と精神分裂症の男の友情(?)物語みたいなものでした。ストーリーに抑揚がなく、メソッド俳優二人(FSホフマンとフェニックス)の演技の競い合いが見物となってます。丸顔だったホアキンフェニックスは、目の周りが窪み、口の周りに歯茎のラインがくっきり出るほど減量し「酒タバコ女に溺れる精神異常の男」を外見と内面の両面から演じています。ホフマンも上手いですが、上手いだけで終わってます。