たかがバナナ

ワタクシ、減らさなければならない体重が逆にさらに3キロばかり増え、それもみんなお腹の脂肪となって蓄積し、横から見ると妊娠10ヵ月。太めのジーンズも入らない! それで身体を折り曲げることができず、床を拭こうとしてウッと息が詰まり、自分ながら情けなくなりました。昔は太くても健康でお腹に脂肪がないペア型でしたが、今は不健康なアップル型の肥満体。ベジタリアン、それもビーガンなのにアップル型肥満体とはこれ如何に?

ストレスが溜まるとコーティソルとかいう物質が分泌され、その悪玉物質が腹に集中して脂肪を蓄積させるらしいです。私のように何の心配もない人間になぜにストレスが溜まるのか。どうでもいいような小さなことにフラストレーションを覚え、気が滅入ってしまう、気の小さい人間なのがいけないのでしょうかしらん。

おととい、トレーダージョーズ(TJ)で買物をし、家に戻ってきてショッピングカートから買ったものを取り出して片付けたあと、しばらくボンヤリ休んでいました。そして「あ、買ってきたバナナを冷凍しよう」と思った時、そういえばカートにバナナがなかったなぁ、とやっと気が付きました。せっかく買ったのに手違いでレジの人が詰め忘れてしまったようです。

金額にして170円ぐらいのものなので、何だかんだ言うのも面倒だから諦めようかと思いました。でも、なんだかフェアじゃないなぁ、イヤだなぁと思いました。そして、きのうはまた怠惰になって外出しなかったので、やはりバナナは諦めようと思いました。TJはNYには珍しく感じのいいお店なので、このくらいのことは諦めることがでるのです。

それでもきょうTJで買う物があったので、万一と思い、おとといのレシートを持って出かけていきました。要るものを買い込んで、おとといと同じ数のバナナの房を持ち、レジにいきました。そして「バナナですけどね、おととい買ったのに詰め忘れられていたのです」とレシートを見せるとレジ係の人が「あぁ、たまにあるんですよ、詰め忘れ。このバナナはチャージしませんから」と言ってくれました。別にレシートを確かめるでもなく、口頭で言っただけで、あまりにスンナリ受け入れてくれたので、なんだか拍子抜けしました。店の方でも、たかがバナナで客の気分を悪くすることはしないのでしょう。トレーダージョーズのマネジメントの上手さです。

でも、こんな小さなことで「どうしようっかなぁ」と思ってしまう私はストレスが溜まりやすい人間なのかもしれません。もっと気持の上で太っ腹にならないと、お腹の脂肪の太っ腹は消滅しないようです。