PETスキャン

先日受けたスキャンは放射性物質の存在する部位のみを明るく反映させて映し出すもので、MRIやCATスキャンとはまた違うもののようでした。

今度受けるテストはPETスキャンと言うものだそうです。スキャンにもいろいろあるのですねえ。来週月曜日の朝のスケジュールとなりました。

PETスキャンは組織の変化をカラフルに映し出すスキャンで、かなり時間がかかるテストのようです。放射性物質は、もしかするとまた飲み込まされるかも知れません。医師の「ショット」と言う表現を、相棒は「注射」と解釈して私に伝えてくれたのですが「1回分」と言う意味だったらしいです。今度はカプセルでなく液体を飲むことになりそうです。それは血管にすぐ吸収されて組織内に浸透するらしいです。

スキャンばかりしているとモルモットになったような気になってきます。まぁ、還暦過ぎて人生の折り返し地点を回ったから、若い女性のような思い入れもないので人体実験でも何でもしてもらって構わないようなものですが、人間って、知らないままでいてもいいこともあるような気がしてきています。