一所懸命な猫

アイダホに旅立つ前、この「赤ちゃんと猫」のビデオを見ていました。赤ちゃんの前でコロンと転がるのは、一緒に遊ぼうとしていると分かります。おてて、というか前足を力いっぱい広げているのは何を意味するのでしょう?柔らかい布などをモミモミする時と似ています。安心しきった時とか甘える時などに出る仕草でしょうか?立ち上がってカメラの前で前足を動かす仕草は「ねぇ、カメラなんかまわしていないで一緒に遊ぼうよ」と言っているようにも見えるし、「この赤ちゃんとどう遊んだらいいか教えてよ」と言ってるようにも見えます。猫としては一所懸命な仕草に思えます。
http://www.youtube.com/watch?v=NCFTevRHIy4

猫は家で飼われると野性を出すチャンスがなくストレスがたまると聞いたことがあります。私はその野性のなくなった人間みたいな猫が好きなので、猫には迷惑かも知れません。

それにしても、この赤ちゃんの愛いこと! 昔々、ひょっこりひょうたん島という人形劇があり、そこに出てくる「ピップピップ」とだけ喋るチューリップみたいな赤ちゃんを思い出しました。