双葉(子葉)と本葉

センダンは双葉より芳し

この言葉を聞くたび、挫ける私(笑)。美しい人ってホント小さい頃から美しいですものねぇ。

っと、溜息はさておいて、アーモンドの双葉の間から本葉が一枚生えてきました。双葉は子葉と言うのだそうですね。最初クルクルっと丸まっていた双葉が、まるで蝶の羽のように広がってきたと思ったら、その間から小さな、産毛のある葉が一枚顔を出し、全体にまるで大きな袂(たもと)の衣装を広げた踊り子が立ってるように私には見えます。


アーモンドの花を調べたら、まるで桜の花のようです。花が咲くまでに育ってくれたら嬉しいなぁなどと、分からない先のことまで考えてしまいました。