頼もしい赤ちゃん

なんと説明してよいか分からないのですが、私にとってはなんだか不思議なビデオなんです。赤ちゃんの可能性って私の想像以上のものがあります。

ヨチヨチ歩き、というよりヨッタヨッタとおぼつかない足取りの2歳の男の子がプール室のドアを開けて入ってきます。小さな手でちゃんとドアを閉めます。そして段を這って上りプールサイドにヨタヨタと歩み寄るやいなや洋服のまま水に飛び込みます。最初、水に落ちたのかと思いました。

男の子は水に顔をつけて泳ぎ(浮かび?)ながら仰向けになって息継ぎし、また水に顔をつけて泳ぎます。仰向けになった時「ママ」と言っているのは「ママ、見て見て」と言っているようです。泳いで戻ってくると自分で梯子を上りプールサイドに乗りあがります。何とも頼もしい赤ちゃん。こういう訓練をしておけばプールで溺れる心配が減りますね
http://www.youtube.com/watch?v=lAWa_JZQT3k