ペルーの旅⑤動物 アンデスのコンドル

旅の圧巻はコルカ渓谷を飛ぶコンドルを観たことです。この日は朝早く出なければなりません。宿からコンドルの飛ぶ地点(Cruz del Condor)までは3,4時間はかかるのですが、コンドルが飛ぶのは朝9時か10時ということで、相棒も私も朝食も食べずに出かけました。

上がその目的地。9時過ぎに着きましたが、もう沢山の人たちが来ていました。ある人から「8時から居るけれどまだコンドルは飛んでない」と聞きホッとしました。

深い渓谷の景色には圧倒されます。グランドキャニオンを見た時もこんな気分になりましたっけ。自然の大きさに包まれると自分が小さくて、このままコンドルの餌になっても不思議はないなぁ、などという気持になってきました。

1時間ほど景色を眺めたり写真を撮ったりしていたら、皆のオーッと言う声が聞こえると、コンドルが飛び始めました。このコンドル(Andean Condor)は羽を広げると3メートルから4メートル、小さな飛行機ほどもあるということです。確かに、飛んでいる姿は雄大で気持のよいものです。近くに巣があるらしく、2羽、3羽と飛び始めました。

私のバカチョンカメラでは小さくしか撮れませんでしたが、はっきりした専門家の写真はウェブにたくさんあるのでそれを観てください。
ついでに貼った写真はヤンケの美術館で買ったオニックスの彫刻コンドル。自然の石の色をうまく使ってあります。