三人続く?

ロビンウィリアムス(RW)自殺のニュースがあった二日後にローレンバコールの訃報がありました。「3人続けて逝く」ということに執着するおバカな私は、もう一人大物が逝きそうな気がしています。

それにしても、RWの自殺は米国民を驚かせました。人前ではオカシナことばかりヒステリカルに言い続けて止まらないコメディアンと自殺は結びつかなかったのでしょう。しかし、どんなに冗談を飛ばしていてもRWのブルーの目の光はいつも悲しそうでした。真面目な役柄を演じている時のRWの人一倍落ち着いた静かな声を思うと『悲しきクラウン』という歌の日本語訳が頭に浮かんできます。

♪悲しきキングオブクラウン、おどけたマスクの陰に、あふれる涙を隠して人を笑わせる...♪

『麻薬、アルコール中毒のぶり返し、仲良かった兄の死』等々、RWの自殺の理由を人はいろいろ憶測しますが、本当のところは本人しか分からないものですね。まったく違う次元のことで苦しんでいたのかも知れません。妻子を残して自殺するのは卑怯だと言った人もいましたが、もう還暦過ぎたRWにそんなこと言うなんてヤボですねぇ。静かに送ってあげたいです。