夏の終わりの旅: カナダ温泉巡り第二弾

アイスランドの温泉巡りをしたのは2年前。まるで遠い昔の様な気がしてきている私に、相棒が「アイスランドでまた火山噴火の兆候がある」というニュースを教えてくれました。数年前 (あとで4年前と判明) に噴火した時、火山の名前を各国レポーターたちが発音できなくてアイスランダーたちがコケにしていたことを思い出します。火山名をカタカナにすると「エイヤフィヤトラヨークトル」が近いのですが、最後の「トル」という音は舌の間から空気を噴出すような破裂音で、文字表現は多分、不可能。何でこんなことを私ごときが知っているかというと、相棒とふざけて何度も冗談で発音していたからです(笑)。今度は何という名前の火山でしょうかしらん。


さて、レイバーデーが近づいてきました。この日を境に米国の夏季が終わります。ニューヨークは夏の間レストランがガラガラで予約なしで入れますが、レイバーデーが終るとバケーションで戻ってきた人たちでいっぱいになります。


レイバーデーを含む夏の終わりの旅、今回はカナダのブリティッシュコロンビア(B.C)の温泉巡りをします。相棒が温泉好きになり(私の影響?) いろいろと「温泉巡りの旅」を企画してくれます。去年の夏バンフ周辺の温泉巡りをした時に行けなかったハルシオン温泉やアインズワース洞窟温泉を訪れる計画を今回立ててくれました。

地図のように、B.C.はカナダの太平洋側にあり、南側の国境はワシントン州とアイダホ州に接しています。アイダホ州では数箇所の天然露天温泉を堪能した私たちですが、ワシントン州はまだ温泉巡りをしていません。ワシントン州やオレゴン州にも天然露天温泉があると聞いていますので、いずれ訪れたいと思っています。

カナダへの出発は8月22日ですが明日21日午後から9月1日まで留守にします。体調が落ちているのでチト不安ですがエクセドリンで抑えられればいいと思っています。では、行って参ります。