週末2本観ました

Before I Go to Sleep
英国ミステリー作品。昔Mementoという作品がありました。この作品と同じく、やはり翌日に記憶がまったくなくなってしまう人の話です。メメントーはドンドン進んで(後退して)いきますが、この作品はどこか淀みがありました。監督の腕が陳腐だとイイ俳優も浮かばれません。ま、推理するのに一応のスリルはありました。時間つぶし程度の作品。


Nightcrawler
ナイトクロウラーとは衝撃的な事件を追って夜中に徘徊するパパラッチのことらしいです。

この作品、まず気になったのが脚本と監督です。圧倒されました。ハリウッド作品によく見られる安っぽい偽善やロマンスがまったくないのです。脚本も監督もDan Gilroyという人が手掛けています。自分で書いた脚本を自分で監督して納得のいく作品に仕上げています。今度のアカデミー賞、脚本賞、監督賞、作品賞、この作品にあげたいです。

主演のJake Gyllenhaal(JG) 、ナーディで気味悪い男、地でいってるのかどうか知りませんが、はまり役。この作品のなかで彼の顔のクローズアップは陰影のある画面で、その度、違う顔付きになっています。これはJGの演技というより照明とカメラワークを指示した監督Gilroy氏の腕だと思います。とは言え、JGも役造りのため10キロ減量したり、役について充分勉強した模様。

世の中、恐ろしい人間がいます。一見、普通の人間にみえるが恐ろしい。罪の意識のない人間ほど恐ろしいものはありません。独裁者や政治家にそういう輩(やから)がウヨウヨいます。この作品では一欠片(ひとかけら)の良心もないナイトクロウラーを追います。利己主義の塊の人間、人間というより悪魔ではないかと感じてきます。この作品、実際にいたナイトクロウラーをモデルにしているというのですから、ゾッとします。