シチリアの旅(全般-3)

シチリアでの運転
シチリアでは、ハイウェイはいいのですが、町の中を運転するのは非常に厄介で神経質な人は神経衰弱になってしまいそうです。シチリアに限らずヨーロッパの古い町は路地が迷路のようになっていて、運転技術だけでなく土地勘が必要となります。ギリシャやマデイラなどでバスに乗った時、細い山道や路地が対面通行となっており、対面した2台のバスが通過することは私には「絶対無理」にみえたのですが、運転手は慣れたもので、なんなく通過していきました。実際自分の目で見ているのですが、私はいまでもマジックとしか思えません。

シチリアも同様、私たちのTaorminaのホテルまで行く道は、ウェブのマップで調べると、まるで冗談かと思うほど、こんな風に曲がりくねっていました。なぜかというと山の道で丘を上がったり下がったりするつづら折りの細い道となっているからです。行き止まりや一方通行など迷路のような路地ばかりで、そうかと思えば細すぎるのに対面通行の道もあったり、さらにその細い路地に駐車する車まであるのです。どうやって通過したらいいのか面食らいます。今回の運転で相棒にはたいへんな苦労をかけてしまいました。