老人を狙う詐欺電話347-263-8001

ここ数ヶ月、留守電が回るけれど相手が何も言わないことが日に何回もあります。時々、周囲の音が入った雑音が残ったりします。それから携帯にも知らない番号から電話がかかってきます。347-263-8001という番号で、インターネットで調べてみると「(身に覚えのないことを言って)訴えると脅したり、大金を貸すからといって個人情報を訊きだす詐欺を働く電話番号」ということが書いてありました。

何で何度も何度も私のところに電話をしてくるのかと考えてみました。そして、ちょっとゾッとしました。米国では老人サービスがフルに受けられる年齢が65歳。私がその年齢になることは政府のソーシャルセキュリティサービスなどに記録されています。そういう公表していない個人情報を盗んで年寄りを騙す悪人グループがいて、私も狙われているのだと察したのです。

これとは特に関係ないですが、先月、旅に出かける直前に相棒のクレジットカードが悪用されたことが判明したのです。中国の北京にあるホテルでカード番号が使われ、そのカード会社から連絡があり、被害を未然に防ぐことができました。どこでカードの情報を盗まれたかと考えてみるに、馴染みの中華料理屋でなく、中国人経営の安い和食屋に一度だけ行ったことを思い出しました。そこでの支払いの時にカードの情報をスライドコピーされたものと思われます。

悪いヤツがウヨウヨしています。特に老人は騙され易いので標的にされるようです。気を付けようと思います。