ヴィーガンのパスオーバー

先週末から始まったパスオーバー、残るは3日。この間、小麦と一部の穀物を食べない慣習になっています。肉卵乳製品を食べないヴィーガンにとって小麦製品が食べられないのはチト困難。いつも使っている似非肉(小麦蛋白)が使えません。その代わりマッツォを使った献立を作っています。
最近、雑穀のキヌア(Quinoa)は食べても構わないと分かりましたので、マッツォ粉にキヌア粉を混ぜてマッツォボールやパンケーキを作ってみました。卵は使いませんでしたが、かなりうまく出来上がりました。小麦と比較するとキヌアのカロリーは高いですが炭水化物が低めで蛋白質が高めなので、パスオーバーでなくても利用しようと思いました。

安売りで買った大きなフジリンゴがまだ残っていたので、キヌアとマッツォを混ぜた皮でアップルターンオーバーモドキを作ってみました。オーブンを使わず、フライパンだけで作ります。
まず皮を剥いてスライスしたリンゴをフライパンで茶色くなるまで焼き、取り置きます。その時に少しメープルシロップとシナモンをかけておいてもいいです。次にキヌアとマッツォの粉に砂糖と塩とベーキングパウダーを適当に入れて水で溶かしたものを、油をひいたフライパンで丸く焼き、表面がブツブツしてきたら焼きリンゴを片側にのせ、もう一方をリンゴに被せて半月焼きにします。反対側にひっくり返してから蓋をかぶせて少し焼いてお終い。食べる時にハロセットをかけるとまた美味しいです。アツアツでも冷えても美味しいです。(写真は冷蔵庫に残っていたアップルターンオーバー)