いい加減なVerizonの顧客係

下欄のVerizonのEメール問題ですが、今、設定を最後にもう一度自分でやり直してみたら、なんと直ってしまいました。

VERIZON!
それにしても昨日から今日にかけて何人ものVerizonの係と話しましたが、なんといい加減なことばかり言われたことか、と改めてあきれました。

最初に相談した係の男性は、私の携帯を別室へ持って行って戻ってきて「ここでは直せません。この番号に電話してください」といって連絡番号をくれました。
同じ店頭にいた別の女性の係にも訊くと、また別の番号をくれて「ここに電話してEメールのアカウントを disenrollし、またenrollしてください」といいました。

相棒が男性のくれた番号に電話すると、タライ回しされたあげく、まったく分けの分からないことばかり言われ、結局らちがあかずに終わりました。

女性のくれた番号にかけると、タライ回しのあとインドに繋がり、強いインド訛の女性とやりとりし、パスワードを新たに設定してやり直してみましたがダメでした。彼女が言うには「電話機に問題がありますからアンドロイド社に連絡してください」私も相棒もこれには???

そして今日、別のVerizonの店に行ったのですが、私の名前は「ダメな顧客リスト」に載せられてしまったようで、係の若い女の子がソソクサとやってきて私の携帯を見もせず「Eメールはランドラインのサービスで携帯のサービス範囲じゃないのです。ランドラインのオフィスはハーレムかクィーンズまで行かないとなりません。でなければ、同じ電話番号にかけ続けて相談するしかありません」とふてぶてしい態度で追い払われました。

アンドロイド社に電話したら、なんと言われていたでしょうね。ハーレムのオフィスまで行かなくてよかった。私が設定し直すことが出来るような簡単なことなのに、どうしてVerizonの店頭にいる係の男性は「ここでは直せない」などと言ったのでしょう。Verizon社は、ほんとにいい加減な人たちが働いているところです。