やっと五日目

四日目のきのうは金曜日。夕食をイタ飯屋でしました。パスタを食ったかと思うでしょうが、ちゃんとパン抜きパスタ抜きのメニューを選びました。ビーガン食はできませんでしたけど。

最初に美味しそうなパンとオリーブオイルが出てきたけれど全部相棒に任せました。ネロダボラの赤ワインのおつまみにオリーブの塩漬けを頼みました。塩辛くなくて美味しかったです。大きくて丸いグリーンのCastelvetrano(シチリア)産と小さくて茶紫のGaeta(メインランド)産。ワインにピッタリ。

メインは炙りサーモン、添えはホウレン草だけ。切り身はマンハッタンのレストランらしく極小で、まるでおつまみのよう。ただし添えのホウレン草がかなりの量で有難かったです。デザートにフルーツを一皿頼んで二人で分けました。最後はエスプレッソ。いつもだったら、その量の少なさに「馬鹿にしとるのか!?」と思う私ですが、この日は健気に料理を楽しみました。

五日目の今朝の朝食、いつもなら沢山のトーストが皿に山積みになるところですが、それはなし。キャベツの千切りと豆腐を炒めたもの。相棒にはそれにバスマティとキヌアの炒めご飯を添えました。あとは作り置いてあったヒヨコマメの塩煮を出しました。

十日続けば御の字だと思ってます。