コロラド温泉の旅 (2)湧き水の町マニトゥ

私たちが宿を探す時は、雑踏を避けたいので、よく知られている所は出来るだけ避け、不便でも少し離れた所にします。今回もコロラドスプリングスでなく、少し離れた小さな町マニトゥに宿をとりました。ここは町を歩きながら湧き水の試飲が出来ることや目的の美観地Garden of the Godsに近いという利点もありました。
雑踏を避けるつもりでしたが、意外にもこの町はかなり活気に満ちていて、昼間は都会のような車の渋滞が見られるほど人気があり、川沿いにチャーミングなレストランも所々みられました[旅の初めの頃の私は杖をついて歩いていました]。
さて、湧き水の試飲は、8ヶ所の内5ヶ所だけ廻りました。町の商工会議所に行って、湧き水の試飲をしたいことを伝えると、小さなプラスチックのカップをくれます。

Shoshone Spring
道路から見える赤い可愛い円錐形の屋根のレンガ造りの水飲み場。この湧き水は少しアルカセルツァーの味がしました。美味しい方です。



Navajo Spring
壁に組み込まれたタイル張りの水飲み場はレストランの裏口にありました。ほんと、裏口という場所もあまりよくないし、味も悪かったです。せっかくの湧き水なのになぜか見捨てられたような雰囲気で残念でした。


Cheyenne Spring
磨けば綺麗な赤銅に光るけれど今は青さびている彫刻から滴っていました。これも美味しい方でした。

Wheeler Spring
人気(ひとけ)の少ない裏通りの道の壁に静かにありました。高級な個人宅の庭の塀に取り付けたような感じ。見た目は悪くありません。水はまぁまぁの味。



Stratton Spring
レストランの並ぶ賑やかな通りにあり、お店で働く人がバケツに水を汲んでいました。可愛らしい銅像の下の水を飲むと5つの湧き水の内一番美味しかったです。写真を撮るとなぜかブレる神秘的な場所。私の写った写真はブレブレで載せられませんでした。