黒猫の人形

私が普段使っている薬局はCVSという雑貨や食品も扱うドラッグストアです。祭日が近づくと関連デコレーションが店頭に並べられるので、店に行くと、いつも眺めては楽しんでいます。
今はハロウィーンのデコレーションが売られています。骸骨やら気持ちの悪い虫やら、いろいろある中で、グニャグニャのヒゲでニッと歯を出した黒猫の人形が目に留まったのは先々週のことでした。その時は「無駄使いは止めよう」と買いたい気持を抑えました。ところが、きのうCVSに処方箋薬を取りに行った時、あの黒猫ちゃんが見当たりませんでした。アレッと思って棚の奥を探すと1つだけ残っていました。何度見ても可愛いのです。見た目だけでなく手にとってみると、そのさわり心地も軽くて柔らかで、さらに可愛いくなり、とうとう買ってしまいました。
自宅の窓際には一応ハロウィーンの飾りとして、ぬいぐるみのカボチャと、オレンジ猫と、残り布と要らないボタンで作ったお化けの顔を飾ってあるのですが、買ってきた黒猫ちゃんをそこに加えました。昔は祭日の飾りを鼻で笑っていた私ですが、今は季節を味わう素直な心になっています。

余談:「人形」というのはおかしいと気が付きました。人の形に似せたから人形と呼ぶのですから、猫の形に似せたら「猫形」と呼ぶのが理に適ってますね。でも、足が人間みたいなので人形でいいのかな。