次々と壊れていく

家の中で「1つモノが壊れると他のモノも次々と壊れ出す」と聞いたことがあります。最近それを痛感しました。

まず私の手術日の前にステレオスピーカーとラジオが壊れました。ラジオもスピーカーも30年物なので仕方がないといえばそれまでなんですが...。今のところ面倒なので壊れたまま置いてあります。
そしてその数週間後、まだ私が術後の痛みに耐えていた頃、キッチンの照明の電球が切れました。天井が高く照明カバーを外したりはめたりするのが難しいので相棒は諦めてメンテナンスマンに頼んでいました。
その数日後、今度はリビングルームの電球が切れ、ソケットが崩れてしばらくは電球を取り付けることが出来ませんでした(後で私がソケットを直して電球を取り付けました)。
そのあと化粧台の上の小型電球も切れました。これもソケットがボロボロに崩れて電球の取り付けが不可能になってしまい、いまだにそのまま放ったらかし。
それから窓際のランプが付かなくなったので、また電球が切れたと思ったのですが、今度は繋いであるコンセントがオカシクなっていました。このコンセントはエクステンションで家具の裏側に元のコンセントがあり、そこが外れているのかも知れません。家具は重いので動かせないためまだ裏側を確認してません。
次に相棒の携帯電話が壊れました。今の機器は2〜3年が寿命、それより長く使っていたので相棒も直すよりはと新しい携帯に買い換えました。
そして次にプリンターが壊れました。プリントヘッドのリセットが必要というワーニングが点滅していました。相棒が一応プリントヘッドのリセットを試みましたがいまだ故障したままです。
そして、きょうは電子本用のKindelが壊れてしまいました。充電が出来ず、使えなくなっていました。
次にまた何か壊れるんでしょうか...?