Anthropoid 観ました

Anthropoid


1941年チェコで実際に起きたナチス幹部暗殺事件、その勇猛果敢なチェコ兵士たちを描いた作品。
欧州を次々に占領していく残虐なナチス。中でも最も残虐性を極めたReinhard Heydrichがチェコ占領区の最高幹部になっているため、そのHeydrichを暗殺すべく英国でAnthropoid作戦が計画され、英軍に亡命していたチェコ兵士7人が秘密裡にチェコに侵入し、計画を実行します。これほど重大な役目を負いながらバックアップ戦力は皆無に等しく、たった7人の兵士が多勢のナチス軍に応戦、結果は推察できると思います。
ロケ地が実際の場所で、役者たちが主演二人と数人を除いて殆どがチェコ人であること、そしてナチス兵の容赦ない執拗な攻撃方法など臨場感があふれ、私も画面の中に入って勇敢なチェコ兵士と一緒に戦いたくなるほど共鳴し、兵士の最期の絶望感をこの身にヒシと感じて涙なしにはいられませんでした。ナチス憎し。