知る人ぞ知る

日本にいる母が「トランプなんてあんな人」などと、まるで見て知っているような言い方をしていたことを思い出しました。トランプのことなど全く知らない母です。日本のテレビか何かのいい加減な情報を耳にしたのでしょう。母を説得しようなどと言う無意味なことは私はしませんが、日本のメディアは、欧米レフティストのニュースソースをそのまま訳して報道しているようなので、母でなくても日本の人たちのトランプの評判はよくないのではと懸念します。
今その業績を認められ尊敬されている故レーガン大統領は、選挙当時も就任後もメディアにコテンコテンにけなされていました。「バカ」「耄碌もうろく」「俳優あがり」「戦争派」その他諸々。しかしレーガンが亡くなった時、米国全土からレーガンの棺に別れを告げる人が列をなし、一日では終わらなくなって3日も4日も延々とその列が続いたことは記憶に新しいです。レーガンの業績は知る人ぞ知る、です。
おバカの民主党レフティストはその後にテッドケネディが死んだのでレーガンと同じように中継で何日も別れの列を放映しようとしましたが、インチキさくらの人々をかりだしても1日もたずに終わってしまいました。テッドケネディが川で人を死なせた犯罪者だということは知る人ぞ知る、です。
トランプはレーガンと同じにメディアからコテンコテンにけなされ続けると思います。しかし、インターネットで情報が飛び交う今日、メディアはもうそう簡単に国民をだまし続けることが出来なくなってきているように思えます。少しでも常識のある人たちはテレビや新聞に書いてあることを丸のみにせず、いろいろな情報を確かめて真実を見極めるようになってきています。日本も真実を確かめる人々が多いことを祈ります。