ポートジェファソンの夕焼け

最近、インビザを外したため食事抑制から解放されタガが外れたように食べ出し、ますます肥満が嵩じてきた私。しばらく胃を悪くして偏頭痛が続き鬱々していました。

週末、その鬱っ気が少し晴れました。相棒がロングアイランドのポートジェファソンへ連れて行ってくれたのです。白内障手術が成功し視力が回復、というより前よりよくなった相棒は運転にも自信を取り戻しました。

f:id:nykanjin:20170809003247j:plain

 

f:id:nykanjin:20170809003525j:plain

私はビーチよりもなぜか港町が好きです。ポートとつく名前の街を歩くのは楽しい。ポートジェファソンはフェリーの船着場があるだけで特に何があるということもないのですが、可愛いホテルが1つあり、船着場を華やかにしています。

船着場のホテルのレストランは港を眺めながらライブギターの歌が聴けるので楽しいところです。この日は60年代中心の歌が聴けてとてもよかったです。食事のあと、水辺で、お墓参りの時に使う丸い石ころを拾い集めました。沈む夕日に雲がきれいでした。水辺には子供連れの家族がいて、マンハッタンでは味わえない和やかな様子を見せてくれました。