S爺への疑惑

実名挙げるとウェブチェックされて脅迫じみた嫌がらせをされる恐れがあるので、前にも書いた事のある爺さんで「S爺」としておきます。そのS爺とその手下どもの暴言動に拍車がかかってきています。

S爺は自分が資本主義システム(外国為替など)で儲けた莫大な資産を馬鹿な若者たちにバラ撒き、彼らに「反資本主義(=反米)」プラカードを掲げさせ騒ぎ立てさせ、全米が皆同じ意見であるかのように思わせ、やがて米国市民を共産主義下に置こうという企てをしています。今の米国の民主党は共産主義に限りなく近くなっています。

S爺の手下どものインチキデモやら暴動はWブッシュ政権時に計画的に各地で行われて目立つようになりました。メディアがそれを扇いで極地的なデモをまるで全国的デモのように報道して、米国民を騙し続けています。

S爺は手下のオバマに政権をとらせた後、次に同じく手下のヒラリーにとらせる思惑が外れ、今やっきになってトランプを叩きのめそうとしています。しかし、トランプが想像以上に頑強で、Wのように簡単にダメージを与えられないため、足掻きはじめたS爺、手段の汚さがエスカレートしてきています。

さて数日前、南部でリー将軍の銅像をめぐるデモがあり、乱闘になりました。その乱闘に紛れて男が車を暴走しデモ参加者を轢き殺しました。犯人は一部で白人至上主義者だと報じられていますが、それよりOccupy Wall Streetというグループの一員だったということの方が私には気になります。このグループは反資本主義で、S爺の差し金で子分どもが動いているように思えます。

昨日バルセロナで同じように車を暴走させて百人を超す死傷者をだす惨事が起こりました。ISISメンバーの仕業だということですが、手口が同じなのが気になります。ISISとS爺が裏で手を結んでいるのでしょうか。