日々老いる

ここ数週間、胃の調子が悪く、頻繁に偏頭痛が起こります。更に肩甲骨の辺りが張って苦しくて何をするのも億劫になります。

今まではヒートパッドで温めたりマッサージ機で揉んだりしていれば苦しい痛みは消えていたのですが、最近は毎朝のように張りが強くて苦しいので早朝からバスタブに浸かって身体を温めたりしています。エクセドリンを飲む回数も増えて、頭痛がすぐ消えることもありますが、時々はいつまでもジクジクと痛みが続き、吐気を感じるので太田胃散が手放せなくなっています。

愚痴を言うつもりは毛頭ありません。ただ自分の身体の状態を記しておいて覚書にするつもりでいるのです。身体が少しずつ老いてきているんだろうと思っています。人の細胞は7年ごとにすっかり入れ替わるとか何かで聞いたような気がします。あと2年数カ月で私の細胞も10回入れ替わることになる。1回ごとに細胞の質も落ちていくのでしょう。

老いて苦しい身体になっても、若い頃に戻りたいとは一度も思ったことはありません。一生は一生です。二生あってはならないと思うんですよねぇ。