2016年末フランス南西部の旅(3) 動物

★猫
まず最初に迎えてくれたのは、トレモラの宿にいた猫たち。

ホテルの駐車場に行くと三毛ちゃんがいました。「ちょっと待って、写真とるから」とカメラを向けると向こうを向いてしまったので「こっち向いて」と言うとちょっとだけ向いてくれました。寒い朝だから、それじゃっとばかりすぐ行ってしまいました。次の日、同じところに白黒のハチワレちゃんがいましたが、写真に収められませんでした。そのあと、白っぽい(写真右)猫ちゃんが挨拶に来てくれました。
★羊


トレモラの静かな町を歩くと、とある家の庭に羊が3匹いました。
あまりにも静かで動かないので、相棒が「え、羊の銅像か?」などと思い違いしてしまうほどでした。
手前にいた一匹の灰色の羊は顔が人間みたいだったので不思議な気持になりました。相棒がその羊に語りかけると、まるで分っているかのような顔をするのも可笑しかったです。隣の少し小さな羊が「なんて言ってるの?」と訊くようにその灰色の羊を時々見るのも可笑しかったです。静かですが、愛想は良いようで小さい羊が私たちの方に近づいてきてくれました。
★七面鳥

岩壁に掘られた洞窟を見に行った時、最後の方に囲いがあり七面鳥が飼われていました。オスとメス。オスはまだ若いようでとても綺麗な赤い頭をしていました。「きれいねぇ」というと喜んだような様子で近づいてきました。とても懐っこい感じのカップルでした。


★ガチョウ
七面鳥の囲いから少し離れたところにガチョウの囲いありました。すごくガーガーうるさいガチョウ2羽でした。うるさいけど「餌もってきた?」っと言う感じで可愛いかったです。「餌もってない」と言うと「なーんだ」とばかりガーガーいうのです。なんとなく会話が成り立ったような気になりました。
★アヒル
フォアグラの産地なのでアヒルをたくさん飼っている養鶏場のようなところがありました。庭にゾッとするほどたくさんのアヒルがいました。雨が降ったあとだったので泥で汚れていました。車で通り過ぎたので写真に撮れませんでした。気が重くて取る気にもなりませんけど。
★水鳥

最後に訪れたボルドーの公園にいろいろな鳥がいました。黒ムクドリが近くの木の実をつまんでいました。





こんな不思議な色をしたカモがいました。








これは何という鳥?バン?クイナ?↓