2016年末フランス南西部の旅(8)中世の町 La Roque de Gageac

この町の名前を探索するとウソのように物凄く綺麗な町並みの写真が見られます。

ここに貼った私の写真よりずっと綺麗な町です。そしてそれが今でも人の住んでいる町であることに驚かされます。実際に足を踏み入れてみて「フランスで一番美しい町」と名士に呼ばれる意味が分かります。
名前の通り「岩の町」です。背後に高い岩壁があり、岩壁に沿って町が上へ上へと作られています。

川に沿った表通りも美しいですが、裏へ上って行くと、これまた可愛らしい石畳の道に可愛らしい家々や店が佇んでいます。




ひっそりとした裏道には写真のような、とてもチャーミングな酒屋さんがありました。その辺の町のようにゴチャゴチャしておらず、美し過ぎるお店でした。

また石造りの中世の建物もどっしりと歴史を漂わせています。

まるで遺跡のような中世の道も残っていて、そのまま今もつかわれており、とてもロマンチックです。私たちが訪れた時はシーズンオフで人も少なくレストランも閉まっており静かでしたが、シーズンになれば観光客も増え、賑やかで楽しい場所になるのだろうと思います。

他にもお城やらガーデンやらを訪れましたが、長くなりますので旅の話はこの辺で終わりにいたします。お付き合いありがとうございました。