4月中旬に観た映画

Tommy’s Honour


スコットランドのプロゴルファーの先駆けとなったTommy Morrisの後半生。監督、編集などにワンテンポずれているような感覚があり、また私自身がゴルフというスポーツの背景にあまり良い印象を持っていないこともあって、特に感動する話ではありませんでした。
しかしスコットランドの景色や当時の服装などを楽しむことができる作品ではありました。縫糸の一目一目が見えるかのような手縫いのスーツやドレス、当時のゴルフボールの表面、ゴルフクラブを作る道具など、博物館を見るように楽しみました。
============================

Kedi


イスタンブールに住む野良猫たちのドキュメンタリー。可愛くって個性的な猫がたくさん出てきます。
トルコという国は私が子供の頃に出あったアランビアンナイトやらアラジンやらウスクダラの歌やらが脳裏に残っているため、とてもロマンチックな響きがあり、訪れたい国ではあるのですが、現在はイスラム教の色濃い政府であるため、以前のような宗教色のない政府に変わるのを待っているという状態。
この作品はそんな私にトルコのイスタンブールの町をバーチャル旅行させてくれました。スィートを売る小さな店、アクセサリーの石を磨く小さな工場、魚屋、漁師、コーヒーショップ、有閑マダムの家等々、もし自分が旅をしても見ることは出来なかったろう場所に出没する猫たちの様子を楽しみました。
アラビアンナイトの国*にも高層ビルが立ち並び、昔の面影がだんだん消えていくのが物悲しく、それと同時に猫たちの住処にも限りが出てきて、先が気になるところです。[*アラビアンナイトの話はアラビア半島一帯の国の話だろうけど、ま、トルコも似たような文化で私にとっては同じようなものなので一緒にしました。アラビアに詳しい方、大目にみてください]
野良犬や野良猫はどんどん捕獲してしまうレフティストの街がマンハッタンです。猫がいないマンハッタンはネズミの数が住人の数を数百倍も上回っているとか。
当たり前ですが。観客はみな猫好きばかりのようでした(笑)。