4月下旬に観た映画

Their Finest


戦中、英国で愛国心を煽るプロパガンダ映画の制作に携わった女性を描きます。2時間弱の長い作品。
最初から「戦場では兵士が生死を懸けて戦っているのに、のんきに映画を作るなんて」という批判的な気持を拭うことができませんでした。セリフも真面目なのか冗談なのか曖昧で表現も面白くなく、頭痛や肩凝りがしてきて、首をグルグル回したり、腕の上げ下げをしたり、出来たら退場したいと思ったりしていました。ところが最後の15分ぐらいで急展開があり「あら大変!」と思って観ていたら肩凝りも感じなくなりました。でも、やはり最後は面白くもない終わり方で、古臭い表現とストーリーの作品だという印象が残りました。