マンハッタンの渋滞

NY市、ここ1週間ほど日中33℃に上る暑い日が続いています。先週日曜日も暑い日でしたがロングアイランドまで出かけることにしました。相棒の両親の墓参りです。最近、車を使わないので去年新しくしたばかりのバッテリーが上がってしまうことが多く、バッテリーチャージも兼ねています。
さて、夏のマンハッタン、週末はパレードやストリートフェアでアチコチの道が塞がれることが多いのです。先週日曜日もプエルトリコパレードが五番街(地図紫線)であることウッカリ忘れていました。いつも使うセントラルパークを東へ突っ切る道(黒線)に向かうと、通行止め。しまった!と思っても遅い。ムカつきながら回り道して引き返し、57丁目へ向かいましたが、いつも以上に混雑していました。ノロノロ渋滞が続き殆ど進まず、その上やっと7番街まで来たと思ったらその先は通行止め。
ロングアイランドへ渡る橋まで行くのを2度も阻まれたので橋は諦め、ミッドタウントンネルを使うことにしました。西に廻って下る道がまたバンパーtoバンパー、センチメートル刻みにしか進みません。それでもやっと30丁目まで下がり、そこから東へ行きトンネルへ行く道に出ると、そこも通行止め。仕方なく少し遠回りしてやっとトンネルの入り口へたどり着きました。
トンネルを抜けて時計をみたら、自宅を出てから3時間近く経っていました。マンハッタンを抜け出るのはいつも大変で1時間はかかります。それを見越して出てきたのですが、まさか3時間かかるとは思いませんでした[黒線一本で行けた道を阻まれ、オレンジ点線のノロノロ運転]。
そんなこんなで、墓地に着いたのは閉まる時刻15分前。一度墓地に閉じ込められたことがあるので、私は気が気でなく、急いで義両親と義叔母夫婦たちの墓参りを済ませてサッサと出てきました。[前にも書きましたが、4年ほど前、一度、この墓地に閉じ込められました。閉まる時刻をかなり過ぎていたため、門が閉まって出られなくなったのです。私は墓地で一夜明かす覚悟までしました。幸い、メンテナンスのおじさんが用事で戻ってきたので、門を開けてもらえました。墓地で一夜明かすのは構わないですが、警察沙汰になるのは困るのでもう二度と閉じ込められたくない私なのです]
お墓参りの帰り、ポートワシントンに寄りました。浜にカナディアンギースの家族(夫婦と6羽のヒナ)が長閑で幸せそうにしている姿が都会の喧騒をしばし忘れさせてくれました。