見つめる鳩

昨日の日曜日は日差しが強く、暑く、そしてかなりの湿気がありました。気温は27℃まで上がり湿度が75%という高さ。午後5時過ぎにセントラルパークを散歩したのですが、まるで日中のような日差しで暑さに強い私も歩くのがだるくなり、木陰のベンチに座って相棒と二人で暫く休んでいました。
すると目の前の少し離れた石畳に一羽の鳩が降りてきて、こちらを見ながらモソモソと香箱座りを始めたのです。そして地面にピッタリお腹をくっつけてチンマリと座り、オレンジ色の目でこっちをチラチラみています。私が鳩の方を見ると鳩は目を逸らし、私が目を逸らすと鳩はまた私の方を見ていました。何かを訴えているようにも思えました。最初は餌でも欲しいのかなぁ、と思ったのですが、鳩が餌を欲しい時はチョコマカチョコマカと歩き回るのに、この鳩はジッとしています。まるで私たちと一緒に休んでいるような様子をみせます。

鳩は、時々人が近くを通ると、それを避けるように少し場所を私たちの近くにずらして座り直しました。そんなことを2、3度ほどして、かなり近くにチンマリ休んでいました。座り直す時にチョット歩いた鳩が少しビッコを引いていることに私は気が付きました。私たちに足を直して欲しいと訴えているのかな。鳩の右足が少し変形して膨らんでいるようなのですが、怪我はかなり前のようで変形したまま傷は癒えている感じでした。
しばらく平和な感じで私たちも鳩も休んでいたのですが、なんとオスの鳩がやって来てこの鳩を追いかけ始めたので、鳩は飛んで逃げました。逃げた方向を見ると、また地面に舞い降り、ヒョッコラヒョッコラ歩いているのをみて可哀そうでなりませんでした。
相棒は「携帯で近くの動物病院を探し始めようとした」と言いました。鳩を驚かせないように捕まえるのも大変だし、向こうへ行ってしまったのだし、と心残りではあったけれど相棒を促してそのまま散歩を続けました。
帰宅してから「傷ついた野鳥の保護の仕方」をググった相棒が「箱に入れて保護する」とあるのを見つけ「セントラルパークに行くときは箱を用意して行かねばならない」と言いました。私が冗談半分で「鳩だけでなく傷ついたリスやらロビンやら見つけたらどうする?」と訊くと相棒は「箱を3つ用意して行く」と言いました。折り畳みの箱でもみつかればいいですが、ま、パークレンジャーに任せておくのが一番だと思います。
余談:私と相棒は以心伝心で、相棒も「折り畳みの箱」のことを考えたと言ったので二人で笑ってしまいました。時々同じ時に同じことを考える二人です。