最近の映画

最近、Let the sunshine… , The Seagull など、上映の途中で出てきたくなるのを我慢するような作品ばかりに当たり、失望していたところに、昨日も First Reformed という作品をみてがっかりさせられました。もう少し深く掘り下げた作品かと思ったのですが、結局何を言いたいのかわからないし、終わり方が突飛なのは途中で作品を作るのが嫌になったのかと思ってしまいます。

感動するような作品にあえないのは、自分が歳を取ったからなのかなぁ。