2019年末チリの旅―Laguna Baltinache ⑦

Laguna Baltinache: 塩の湖 宿主のテレサさんに「塩の白と水のブルーのコントラストがきれいな所。ガイザー(間欠泉)の近くの温泉は混雑するけれど、ここは空いている」と教えられて見に行きました。 延々と続くガタガタ道を車で走り、ただ平たい土が広がる…

2019年末チリの旅―Laguna Chaxa ⑥

Laguna Chaxa:フラミンゴの湖 翌日はフラミンゴを見に行きました。この塩辛い湖にはフラミンゴの餌となるCaracoles (巻貝)がたくさんいるのだそうです。赤エビを餌とするフラミンゴはピンク色ですが Caracoles は色素がないので丹頂鶴のような色のフラミン…

2019年末チリの旅―Valle de la Luna ⑤

Valle de la Luna: Apachetaの宿を軸にして最初に訪れたのは Valle de la Luna(月の谷)と呼ばれる塩の砂漠。行って見れば、なるほど月面を思わせる地形です。少し写真を貼り付けます。 白く吹いているのは塩です。触るとバリバリ崩れます。 3人のマリア…

2019年末チリの旅―サンペドロの町外れの宿 ④

Apacheta Catamara Desert Lodge: 私たちの宿は少し毛色の変わった所でした。町の中でなく少し外れた広々とした土地の中ほどにありました。何もないところに目立たないようにあるステキな宿でアドベ造りがとてもチャーミングでした。部屋数も今はたった3つ…

2019年末チリの旅―アタカマ砂漠の町サンペドロ③

レンタカー アタカマ砂漠のカルマ空港ではレンタカーを予約しておきました。砂漠の凸凹道を鑑みて四駆にしましたがこれは正解でした。カウンターの人は英語を話しますが、車のところで説明してくれる係の人は英語は出来ず、私たちが分かるものと決めつけてス…

2019年末チリの旅―サンチャゴ②

川の南側のサンチャゴ: サンチャゴの街には東西に川が流れていて、川の南側は荒(すさ)んだ貧困層が目立ち、この国の政府の堕落がありありと感じられました。私たちの宿はこの南側にあり、貧困層から少し離れた繁華街近くにありました。ホテルはしっかりした…

2019年末チリの旅―はじめに①

旅程をぼやかした理由: 今回、行く前に旅先や日程をぼやかしたのには理由があります。最近のレフティストは何の影響力もない私たち一般市民に対しても嫌がらせをするようになりましたので、出かける前にブログで予定を伝えると、どこで何をされるか分からな…

ジョージの流れ星

このブログは全て私事のようなものではありますが、さらにまた私事なることを記しておきたいのでご了承ください。旅の途中で訃報にあってしまいました。 数日アタカマ砂漠で砂ぼこりになっていたクリスマスの頃、宿に戻ってWiFiを使うことが出来た相棒が、銀…

ただいま

今朝早く4時過ぎ頃戻りました。機内では足を伸ばすことが出来ず、何度もウトウトしては目を覚ましていたので、帰宅してベッドで足を伸ばすことの自由さを貪り、ドタンと寝直しました。 恐ろしく早く年が明け、またこの年もサッサと過ぎて行くことと思います…

店じまい

さて今年も残るところ半月となりました。今回の旅先ですが、以前はその大陸では安定した国でしたが、私たちが目的地に決めて予約完了した頃 首都で暴動が起き、いまだ不安定な状態ではあります。ま、運を天に任せるつもりで出かけます。 老いてきてウッカリ…

Richard Jewell 観ました

Richard Jewell 実際に起きた事件を基にした作品。1996年アトランタオリンピック開催中に起きた爆破テロ事件でFBIに犯人扱いされた警備員の話。特ダネを狙う女性新聞記者がFBIの許可なしに容疑者としてJewell氏が調べられていることを発表し、その後も彼に対…

WTCの地下鉄乗場、The Oculus

今回 旅の間のピックポケット(スリ)について少し気になり、何か対策をとろうと思いました。私は相棒のズボンのポケット内部をさらに深めるため余り布を当てて縫い足すことをしておきました。自分のためには腹巻式入物を買いました(笑)。 相棒はClothing Arts…

万引きの語源

YouTubeでテレフォン相談室というのを聴いていたら何人かの母親が「子供が万引きする」と相談していました。 相談の内容よりもなぜか「万引き」の語源が気になりだし調べてみました(笑)。 「一度やると癖になり万回繰り返すから」なんていう冗談みたいな考え…

星空への旅

この年末の旅は星空を眺めに行くことが一番の目的です。[行先は帰国してから報告します] 米国内でもロッキー山脈沿いのネバダ州やユタ州などでステキな星空が楽しめます。相棒は昔ザイアン国立公園で息をのむような星空を寝るのも忘れて何時間もずっと眺めて…

旅の支度

旅の準備は、歳をとるごとに複雑になってくるようです。私が米国に来て最初に海外に旅したのは40年以上前で、若い私は小さなバッグ1つで2週間フランスを廻りました。空港の検察で「あんたコレ1つだけで旅したの?」と呆れ顔されたことを憶えています。下着…

キャンセル騒動(3) 雨降って地固まる?

今回利用した予約エージェントは Zenhotelといいます。Zen という音とは裏腹でやることは未熟だらけ。不可思議なのはエージェント(ロシア系)でありながら、別のエージェント(中国系) Hotelbeds を通して予約するただの連絡係のようなところでした。ロシアも…

間際のキャンセル騒動(2)

ホテルの間際のキャンセルについてやっと事情が分かりました。 私たちは、あまりに妙なキャンセルの話に、最初はエージェントがミスったのをホテルのせいにしているのではないかと疑ってしまっていました。エージェントはその後ホテルと連絡して事情を訊き、…

間際のキャンセル騒動はじまり

私たちが旅行の計画を立てる時、相棒はとても念入りにします。予約はほとんど直接現地のホテルと連絡します。今回も直接予約していましたが、1つだけエージェントを通したホテルがありました。年末の花火を見る観光客でいっぱいになる土地だったのでホテル…

【「ひとりがたり馬渕睦夫」#34 総括!グローバリズムに対抗する方法】に賛同しました

トランプ大統領を明確に理解されている馬淵大使に感激しました。 https://www.youtube.com/watch?v=2p-hrYEwV_A 「ひとりがたり馬渕睦夫」#34 総括!グローバリズムに対抗する方法★精神再武装の心構え ↑このサイトにコメントしたら、反論コメントがあり、今…

Costume Creeps (縫いぐるみを着た嫌な奴等) 

NY市のタイムズスクエアやロックフェラーセンターなど人の集まる所には縫いぐるみを被っている連中がたむろしています。連中の殆どがクリープス(=虫図の走る嫌な奴ら)なのだとか。 この連中、顔が見えないことを幸いに、勝手に旅行者などに近づいて一緒の写…

ロックフェラーセンターのツリー

数日前にロックフェラーセンターのツリーの点灯式が終わったので土曜日にツリーを見に行きました。 あまりの人出の多さにビックリ。私は人混みにはいるとクラクラしてしまうので、ツリーのライトを数秒見るとすぐに、人と接触しないように必死に隙間をかき分…

午後3時の閃輝暗点

パソコンを見ていたらギラギラし始めました。 眼を閉じると黒い背景にギンギラの光線が右開きのように見えました。 右開きといっても左に曲った下の線が定かに見えず、上の方だけが見え「逆つの字」だと思っていたけれど、左開きのつの字のように右側の線が…

老人を狙う詐欺

以前にも書きましたが、世の中には老人を狙った詐欺が数多くあるようです。日本でもオレオレ詐欺とかいうものが横行していると聞いた事があります。 私が年金を貰う歳になってから手紙や電話による詐欺らしきものが時折舞い込んでくるようになりました。だい…

Million de Roses

「百万本のバラ」という曲は30数年前に日本で歌われ始めたのですね。私が日本を離れたのは48年前で、この歌のことは最近まで知りませんでした。 数年前、YouTube で ♪百万本のバラの花をあなたにあげたい♪ というところだけ耳にして早合点し「陳腐な歌詞でキ…

歯科治療中のイビキ

きょう午後一番で歯科医へ行ってきました。歯根管治療です。 朝から何も食べずにいて空腹だったせいか局部麻酔のせいかよく分りませんが、治療中に眠くなってウトッとしたようです。グルグルッという自分のイビキでハッと覚めました。口開いたまま「ガメナハ…

残り雪

残(のこ)り雪。 昨日の雪は跡形もなく消えたと思っていたのですが、今朝、窓の網戸を通して外を見たら、向かいに駐車している車の屋根のどれにもみな雪が残って並んでいて、その横を黄色いタクシーが通り過ぎて行きました。 道路の雪が消えたのは塩を撒いて…

NY市の雪

NY市、雪が降りました。カナダの方から吹きおろしてくる寒気と南から吹き上げてくる雨雲がぶつかり合い左巻に巴を描いてこの街の上空を灰色に覆いました。 私のイラストのファイルを見ていたら、去年の11月15日付で街の雪模様を描いたものがありました。 …

おかぁさん?

昨日の夕方、ロックフェラーセンターのすぐ前にあるSaks Fifth Avenueで恒例となったクリスマスのライトショーを観に行きました。ドラマチックなBGMと共にお城に形どられた綺麗なネオンが色とりどりに点滅するだけなのですが綺麗です。私としては最初の頃の…

ただの墓参り

昨日の金曜日は相棒も休日となり、久しぶりに車を出したら、またバッテリーが上がっていました。ガレージの人にジャンプしてもらって事なきを得、ロングアイランドにある義両親のお墓参りに行きました。 週末なのに道は混んでいませんでした。感謝祭の翌日で…

オリゴ糖と頭痛

ここ2年ほど、とあるご夫婦と感謝祭を一緒に過ごしています。今年も連絡があり一緒に外食することになりました。毎回プレゼントを頂くので、こちらも何かしなくてはと思い、手作りのパンや焼き菓子を持っていくことにしています。私は特にパンや菓子作りが上…