また名残り雪

先日「名残り雪」だなんてオツに入ってノンビリしてたら、春分を迎えた昨日のきょうNY市は吹雪きです(笑)。雪になると途端に学校や会社が休みになるし、お店も早仕舞いします。

雪には慣れているはずのNY市なんですけどねぇ、なぜか雪対策は塩を撒くだけ。雨の日も雪の日も十字路はなぜか洪水になります。道路は材質も技術も最低で雨や雪ですぐデコボコになります。

道路はどうでも歩道だけでも雪避け用トンネル覆いなんかを開発すりゃ、市民も小売店や商店も助かるだろうにと素人の’私でさえ考えるのに、市政は他のオカシナ政策ばかり進めて悪天候の対策を取らない。まず街をきれいに安全にするのが先決ですが、道路が凸凹でも浮浪者がたむろっても歩道がゴミだらけでも気にせず、賄賂をくれるロビイストや団体の要求ばかり受け入れて、街はある意味「金歯はあるけど虫歯だらけ」状態。

あ、またNY市をつつくと「荒し」がやってくるから、これでやめた。