高齢者を狙う勧誘

ビックリしました。急にドアマンが「山口さんが来ています」とインタカムで伝えてきたのです。私が「知らないな。誰も来る予定はないんですが、私の名前を言ってきたのですか?」と訊くと YES ということでした。それでその人とインタカムで話してみました。すると "山口" さんは「突然で失礼いたします。私はクリスチャンについてお話するために日本人の方々を訪ねています。...とても大切なことで...クリスチャンは幸せになるために...」と丁寧に優しい声で話し始めました。「幸せになるために」と言うところで、吹き出してしまいました。「私はユダヤ教徒です。はい、さようなら」とインタカムを切りました。

ユダヤ教徒ではありませんが、あながち嘘でもないし、一番手っ取り早い断り方だと思ったのです。本当は「どこで私の情報(名前や住所)を入手したのか?」「なぜ私が今幸せを求めていると決めつけるのか?」と問い詰めてみたかったのですが、質疑応答で時間を費やすのも面倒だったのです。どうせ高齢者をターゲットにした勧誘か詐欺でしょう。

それにしても、最近、やたら私のところに高齢者を狙った商売が手を伸ばしてきているような気がします。