Bye Bye Germany 観ました

Bye Bye Germany

f:id:nykanjin:20180430230651j:plain

ベルリンに住むホロコーストの生き残り数人が、米国へ移住するための資金を作ろうとドイツ人相手に商売を始めます。その生き残りのリーダー格が、戦後のナチス制裁の検察で、ナチスに加担した容疑をかけられます。

冗談に出来ない事柄をブラックユーモアでまとめ上げようとした作品。一応コメディにしようとしているため、ナチスの残虐シーンは控えて、馬鹿らしいほど残忍な態度のみ表現しています。

私が収容所のユダヤ人の立場だったらナチスの命令に従うか、無視してその場で殺されるか、どちらを選んでいただろうかと考えさせられました。今なら老い先短いから命令なんぞ無視する気になりますが、若い頃なら生きたいという気持が強いだろうから自分がどんな態度をとったか疑問が湧いてしまいます。「踏み絵」のような複雑な気持にさせられました。