またナイジェリアンレター

f:id:nykanjin:20180828220557j:plain

今年の3月後半にロンドンから「ナイジェリアンレター」が郵送されてきた時は、あまりにお粗末な内容だったので笑って済ませましたが、昨日、また「ナイジェリアンレター」を受け取り「詐欺用、騙され易い老人リスト」に私の名前が載っていると思うと、いやぁーな気持がしてきました。

今度はカナダのトロントから郵送されてきて、内容はお粗末さが少し訂正され、無関係な親戚の名前などは出さず、人の名前は伏せてありました。しかし、言うことは同じで「何百万ドルという遺産を残した人がいて、あなたがその受取人になれる」というものです。こんなバカバカしい話に騙される人がいるのかねぇ。

「ナイジェリアンレター詐欺の発信元は、アムステルダム、ロンドン、マドリード、トロントなどアフリカからの移民が多く住む都市が多い」ということなので、その内マドリッドやアムステルダムからも送られてくることでしょう。

20数年前、勤め先で何通も受け取った時は、手紙を受け取る度にFBI当局に即転送していました。今はICPOが担当しているようですが、もう協力する気はありません。

ナイジェリアンレターを操る連中の中には資金集めをするテログループもいるような気がするし、なんとなぁーく、民主党の悪い奴らも末端で関わっているような気がしてなりません(笑)。