老婆の肥満

ここ半年ぐらいでまた体重が5キロほど増加しました。こちらはパウンドなのでキログラムでは頭に入っていませんが、多分80キロぐらいあると思います。この分では100キロまでいくのは時間の問題です。ここまで恐ろしく肥満すると、もう自暴自棄です。

医者に言われてアイスクリームを断ち、砂糖を断ち、穀類を断ち、それでも、更に肥満しているのですから、食断ちをやめたくもなります。どうも米国人と日本人では健康的な食事にも違いがあるのではないかと思います。だから米国人を対象とする医者の診たてでは、だんだん不健康になるような気がします。脈拍を下げる薬と血中脂肪を下げる薬を医者から貰っていますが、日本人に必要なのかなと疑問に思っています。最近は薬ばかり飲んでいて、反って健康を害しているのではないかと思うようになっています。

甘いものはダメ、穀物もダメと言われて、ここ数カ月チーズで満腹にするようにし始めました。しかし、そのチーズが私にはよくないようです。冬でも寒くなくなり、汗をかくようになったのはまぁ構いませんが、動物性脂肪なので、どうも嫌な体臭がでてきたような気がします。そして動物性脂肪は顔に脂肪がつきやすいのか、丸い顔がますます丸くなり、浮腫みなのか肥満なのか分からない状態。

「サルコペニア肥満」というものがあるそうですが、私がそれです。座ってから片足で立ち上がれません。昔、脂肪の多い筋肉質でしたが、今はその筋肉までも脂肪に変わってしまったようです。

また疼痛性障害(慢性的な痛みがつづくような線維筋痛症、リュウマチ、坐骨神経痛など)を患うと、痛みのため活動的になれず、肥満の原因になるそうで、ここ数年、肩や足の関節の痛みから動きが鈍くなり、掃除もままならず、座ってばかりいる私はこの障害のために肥満に拍車がかかっています。

腹部に多量の脂肪があるため、モノを拾ったりなど屈伸すると苦しくてなりません。良くないと言われる食を断っても肥満する一方なのはホルモンの出方が変わってきたのでしょうかしらん。もう外科的な脂肪吸引のことばかり考えています。