Mary Queen of Scots 観ました

Mary Queen of Scots

f:id:nykanjin:20181211115430j:plain

スコットランドのマリー女王は自分の身に危険が迫ると、それまで見下していた従姉の英国エリザベス女王に救いを求め、しかし、その我の強さから英国の信頼を得られず、結局処刑されてしまったという人です。

この作品ではマリー女王とその夫や側近との関係が現代風にアレンジされていて、このオババの頭では消化不良を起こしました。何よりショックだったのはガイピアスの演技。いつもは抑えた演技が光るガイピアスが、エリザベス女王の側近顧問を、なぜか顔付もセリフ回しも安っぽっくわざとらしく演じていて「どうしたのぉ?」と言いたくなりました。もしかしたら監督に対する抗議を示していたのかも知れません。

何しろ私はストーリーに乗れず、だんだん頭痛がしてきて、マリー役の女優の鼻の広がりが気になったり、エリザベス役の女優の付け鼻梁が気になったり、あまり集中できませんでした。