映画2本観ました

NON-STOP


“Taken”が気に入ってからLiam Neesonが出ている新作は観ることが多いです。これも面白かったです。大変な長身(193㎝)でガッシリした体格、グローブみたいな大きな手で、人の首など一ひねり、ということが現実的に思えるNeesonに「私が救ってやる」と言われたら、すっかり信じる気持になってしまいます(笑)。今回。私は最後まで犯人を推理できずにいました。犯人の動機は甘すぎて面白くないのですが、そんなことが気にならないほど娯楽作品としてよく出来ていました。

The Lunchbox


インドの作品。予告編を観た時、インド料理について蘊蓄が語られるのかと思って興味を持ち、みることにしました。しかし、料理についてはそれほど語られず、顔も知らない二人(若い妻と初老の男性)が、ランチボックスを通して、日常の思いを手紙で交換するものでした。内容は何か日本を思わせました。小津の静けさと黒澤のトボケが混ざったような感じで、作品はカラーなのですが、あとで白黒だったかのような錯覚を起こさせます。私好みの作品でした。