老人

古希

古希を迎えて感じた雰囲気を描いてみました。吹雪の中で風に向かって立つ気分です。 因みに65-66歳の緑寿の時に描いたのはコレ。まだ「老い」というものについて真剣さが少なかったです。 次は喜寿ですが、それまで生きてるかな?

歯科治療室のイスの上で

きょう午後、歯科治療3回目、最後の根幹治療に行ってきました。 歯茎の麻酔が効いてくるのを待つ間、治療イスに座ってボーッとしていると目の中の浮遊物が見えてきました。5年ほど前にPVD(後部硝子体剥離)を患った後の後遺症です。浮遊物は一生消えないそう…

義を見てせざるは勇無きなり

今朝、食器を洗いながらふと数年前亡くなった隣の部屋の老人を思い出しました。どういう思考の経過でその老人のことを思い出したのかは思い出せません。 元気だった頃の老人は腰を90度近く曲げながらもしっかり歩いていました。そしてエレベーターで一緒にな…

老人を狙う詐欺

以前にも書きましたが、世の中には老人を狙った詐欺が数多くあるようです。日本でもオレオレ詐欺とかいうものが横行していると聞いた事があります。 私が年金を貰う歳になってから手紙や電話による詐欺らしきものが時折舞い込んでくるようになりました。だい…

秋深しNY市

身も心も 秋風のごと ニューヨーク NY、秋深く寒々としてきました。レフティストが9割方占めるNY市はますます退廃的な様を呈し、秋風が冷たいです。 私が来た1970年代のNY市、特にマンハッタンは、スリかっぱらい強盗が横行し、デパートやレストランでの置き…

庭の千草

きょうは朝起きた時から「庭の千草」の曲が頭に浮かんできました。アイルランドの民謡ですが、私の世代の日本人にはとても馴染みある歌です。 日本では ♪あぁ、しぃらぎぃぃく(白菊)♪ と歌い上げる歌詞で知られていますが、原題はThe Last Rose in Summer (…

健康寿命と平均寿命の差

CTスキャンの結果について、後日、郵送されてきた書類で詳細をみると、副鼻腔形体の歪(いびつ)なことと胆石が数個あるということが記載されていました。副鼻腔の形体は大勢に影響ないので無視。胆石があることは前回のスキャンでも指摘されていましたし、多…

ロバの耳

イソップ物語に『王様の耳はロバの耳』という話があります。王様の耳がロバの耳であることを知った床屋さんがそれを誰にも言えないでいて苦しくなり、森に行き、穴を掘ってそれに向かって「王様の耳はロバの耳!」と叫んで気を晴らしていたという話。 私もこ…

老いと自画像

最近、朝、洗面所の鏡に映る自分の肥満した顔を見て呆れます。目が「柿の種」みたいだなぁ、などと他人事のように思ったりしています。 ←自画像を描いてみました。 肥満体なので顔が肥満しても不思議はないのですが、下膨れでマリオネットラインが顕著になっ…

お婆のつれづれ

年が明けて、お茶を飲んでたらもう10日過ぎていた、という感じ。一年が早い。老いにも加速がついてきたようです。 最近、誤嚥が多くなりました。普通に飲み込んでいるつもりが何故が気管に入って咳き込むことが3度に1度ぐらいあります。また、持ったモノを…

東西二人の老美女

YouTubeをブラウズしていたら「紅雲町珈琲屋こよみ」というビデオにつきあたり、ちょっと覗いたら、私好みのセピア色の木造の珈琲屋さんのカウンターに立つ白髪の女性がハッとするほど美しかったので、そのまま見続けてしまいました。 大島紬(だと思うのです…

RIP Aznavour

『しゃがれ声で、背が低く、ハンサムでもない私』といつも自分を嘲笑するように言っていたアズナブールですが、彼の作った歌と彼の独特な歌い方は私の前の世代と私の世代の人々の心を掴んでいました。 今朝アズナブールが亡くなったとラジオで伝えていました…

やりきれない気持

2日目になってもまだモヤモヤした気持が消えません。きのうの日曜日、五番街を下るバスに乗っていた時のことです。 バスには空席がチラホラありました。バスの前方に3人座れるベンチ型のイスがあります。混雑している時は老人や障害者が優先されるイスですが…

この頃思うこと

以前は、具体的に事態を予測して困惑したり不安になったりしていたのですが、最近は、何が原因なのか分からないのに不安な気持になることがよくあります。何だか分からないので解決する方法も思いつきません。 最近の日本のニュースを聞いて辛い気持にはなり…

またナイジェリアンレター

今年の3月後半にロンドンから「ナイジェリアンレター」が郵送されてきた時は、あまりにお粗末な内容だったので笑って済ませましたが、昨日、また「ナイジェリアンレター」を受け取り「詐欺用、騙され易い老人リスト」に私の名前が載っていると思うと、いやぁ…

ししち

うゎ、もう半年過ぎてしまった。最近益々脳の退廃が進んでいます。老いを感じます。2,3日前、4x7の答えが急に出て来なくなって焦りました。「ししち・・・?」「しちし・・・?」もしかしたら九九を忘れてしまったのかと思い、唱えてみました。そして…

従心

ワタクシメ、何だか、まだ50代だと思っていたら、アッと言う間に60代の終わりになってました。あと2年もすれば70歳になるなんて、頭と心がまだ歳に追いつかない次第です。しかし現実にはウダウダしている内に70代に達するんでしょうね。 じゃぁねの法則、じ…

ちょっと複雑な気持

きょうは23℃まで上がるという予報。昼頃買物に出たらTシャツ一枚でもいいような陽気でした。この急な暖かさでセントラルパークの桜が一斉に開花するかな? さて買物からの帰り、ゴロゴロ転がしていた車付きの買物バッグが凸凹道の凸に引っ掛かって、掴んでい…

籠った気持

最近、こうなることが多くなっています。 買物に行く支度をしたあと、小腹が空いて、何か食べてから出かけようとして食べ終わったら急に「買物は今日でなくてもいいんだ」と思って、外出を止めてしまうのです。何でこうなるのか、何かがストンと落ちたように…

PVD完了?

左眼の奥に暫くあった稲妻のような光が、気が付くとなくなっていました。つまり網膜とホンのちょっと繋がっていた硝子体の膜がスッカリ離れたということだと思います。今回は剥がれ方が緩やかで、あの黒いミミズ(出血)がダーンと視界に入って来ることもなく…

人生の黄昏

昨日、相棒の叔母(故父の妹)の訃報がありました。私たちは一昨年、叔母さんの100歳の誕生日にケーキを持って老後施設へお祝いに行きました。享年101歳3か月。もっと生きていて欲しいと思ってしまうのは生きている者の我儘でしょう。殆どベッドに横たわった…

またPVDのこと

私は、PVDは老化現象の1つだから素直に受け入れればいいと思っているのですが、相棒は何か対策はないかとウェブを探索しているようです。 そして相棒が硝子体液化に関するリンクをメールしてきました。要は若い頃ジェル状態だった硝子体が老化で柔らかい液…

老婆の自覚

最近とみに老い込みが追い込んできました。そういう年齢になったのでしょう。いつも思うのが例のthreshold(限界、敷居)です。例えば50歳になったその時はまだその気にならず、何年か経って50歳代を感じるその時がthreshold。今68歳になって、やっと老人で…

PVD (Posterior Vitreous Detachment 後部硝子体剥離)

自分のブログをチェックしたら、私の右眼にPVDが起こったのは2015年6月でした。これがそのリンク:http://nykanjin.hatenablog.com/entry/20150618/p1 さて、ここ数日、左眼の奥がチカチカ光っているので、今度は左眼にPVDが起こりつつあるようです。台所で…

日々老いる

ここ数週間、胃の調子が悪く、頻繁に偏頭痛が起こります。更に肩甲骨の辺りが張って苦しくて何をするのも億劫になります。 今まではヒートパッドで温めたりマッサージ機で揉んだりしていれば苦しい痛みは消えていたのですが、最近は毎朝のように張りが強くて…

心の準備?

最近、たった今自分のやったことでもスポッとその部分だけ記憶が消えてしまうことが多くなりました。私には毎日飲む薬やサプリがたくさんあります。朝と夜1週間分を容器に分けて入れてあり、服用する時に1回分を小皿に取り出しています。医者の指示で、甲…

目袋

最初は、風邪気味なのでその浮腫みだと思っていたのですが、ここ数日で私の目袋の膨らみが酷く目立つようになってきました。膨らみの辺りの皮膚が力なくテロテロしていて、やっと「アッ、これは70歳ぐらいの皮膚の老化だ!」と気が付きました。眼を支える周…

生きる努力?

今週土曜日からハヌカが始まります。ハヌカと言えばポテトパンケーキ。光と油に纏(まつ)わる祭なので、油で焼いたパンケーキを食べるのだとか。材料のジャガイモを買いに行かねばなりません。きのう、陳腐な表現通り「シトシト」と雨が降る中、薄暗い曇り空…

老化は足から

金曜日の夜、ミッドタウン西にいた私たちは、15ブロックほど離れた映画館まで歩いて行く事にしました。ゆっくり歩いても20分かからないところなので、相棒はタクシーにしようとしたのですが、時間もあるし、私から「歩こう」と言ったのです。 ところが映画館…

寂しさの足掻き

PT(フィジカルセラピ)に行った時のことです。待合室で待っている間、可笑しいような切ないような虚しいような複雑な気持になる光景を見てしまいました。 この病院のPTを受ける人たちは、乱暴な表現ですが「身体にガタが来た年寄り」が多いです(私もガタが始…