Mirror Ball

下欄に描いた天井の球はミラーボールと呼ばれているものだと分かりました。ディスコが流行った頃はディスコボールとも言われていたらしいです。私の幼い頃はディスコなどありませんでしたので、あまり下品な感じはしませんでした。私の記憶に近いミラーボールの写真をウェブで見つけました。

f:id:nykanjin:20190917114340j:plain

 

 

幼児の頃の映画館

お彼岸まで1週間、朝晩めっきり冷え込んできたNY市です。冷え込みのせいか、数日、身体の調子が悪く、いつもより増してダラダラしています。言い訳になりますが、肩の筋肉がこわばり腕が伸ばせなくてモノの上げ下ろしや拭き掃除が儘(まま)になりません。手術後数年経っているけれど右足もまだ少し上がらないし、ヘルニアをやった後の右足の痺れも治りません。それに肥満が重なり「しゃがむ」という姿勢が出来ません。身体の動きがとれないと片付けも進みません。ま、老いて図太くなったのか悲愴な気持にならないだけマシです。

さて、NYプラザホテルの近くにある、私の好きだった映画館 Paris Theater が先月末に閉館したと知りました。いわゆるマルチではなく希少なシングルスクリーンで、上映する作品も品格あるものが多く、個人が経営していたのかとても清潔でした。そして館内のインテリアが私に懐かしさを感じさせました。

幼い頃、私は池上線大岡山から遠くない所に住んでいました。その辺りにCooperという映画館がありました。Paris Theaterの館内のインテリアはそのCooperとまったく同じだったのです。

母はイラつくと私を連れてCooperへ行きました。幼い私は無料でしたので連れていったのでしょう。もし幼児も有料だったら家に置いていかれたと推察いたし候。

f:id:nykanjin:20190917011121j:plain

映画館の中は幼い私にはとてもステキでした。今思うと空気孔だと思いますが、高い天井に黒っぽい金属性の丸く渦巻いたものが数個間を置いて嵌められており、中央にはキラキラ光る細かく四角い鏡を張り巡らした球が釣り下がっていました。館内が徐々に暗くなり、その球がクルクル回り始めて四方に星のような光を反射するのを見るのが好きでした。バルコニーのように張り出した半円型に引っ込んだ中二階の席があり、それも私には好みの形でした。

似たような館内の写真をブラウズしてみましたが、よほど古いスタイルなのか見つかりませんでした。我拙いイラストで描いてみましたが、天井の空気孔までは表せませんでした。

The Goldfinch 観ました

The Goldfinch

f:id:nykanjin:20190916042323j:plain

13歳の時に遭遇した美術館のテロ爆発で母親を亡くした少年が密かに保存していた絵を巡って運命が回転していきます。フラッシュバックが上手く使われ、サスペンス作品として最後まで観客を引っ張ってくれます。セリフは私を「そうだそうだ」と頷かせたりするものもあり、演技もそこそこで、私の評価は10点満点の7です。

ところが米国の評論家によるこの作品の評価は悪く1~3になっています。酷評の1つをみてみたら「原題の本と雰囲気が違う」「子供時代の役者の背が低すぎる」「フラッシュバックで混乱する」とか、評価する基準が自分勝手で奇妙でした。

本と映画が違うのは当たり前。監督や製作者がベースの物語に違う解釈をして作品を作り上げるのですから全く同じ必要はないのです。だから同じ題材を使って異なる解釈をした作品がいろいろあるわけです。同じではないということで評価するのはおかしい。役者の体格についても、子供時代に晩熟(おくて)で小さくても成人して背の高くなる人はたくさんいます。そして、このフラッシュバック手法で混乱するとしたらかなり単純な頭の持主としか思えません。酷評するのには何か他に言えない理由があるように思います。最近の批評家は年若く未熟な人が多いからかも知れません。

中秋の名月

f:id:nykanjin:20190914055827j:plain

8月15日の満月を「中秋の名月」と呼ぶそうです。今年の新暦の9月13日は旧暦の8月15日にあたるということです。だから今夜の月は中秋の名月。満月は翌日の夜だそうです。

今年のこの月は最も小さく見える月だとか。残念。私は大きな大きな月を見るのが好きです。(写真は借物)

マンハッタンは交通が激しく高層ビルに囲まれているので、ゆっくり月を眺められるような高台で広くて遮蔽物が少ない公共の場所は滅多にありません。それでもリンカーンセンターの辺りはマンハッタン島の高台になっており、その広くもない広場では遮蔽物も少ないためマニアの間では月や星を眺める所になっています。きょう13日の金曜日の満月をお月見する酔狂な人、NY市にもいることでしょう。

[後記]この夜私が通った道は高層ビルに囲まれていて月をみることは出来ませんでした。翌日満月をみたかったのですが生憎(あいにく)夜空は曇っていました。

頭皮神経痛

以前から頭皮がヒリヒリと痛むことがあり、触ると痛いので何だろうと思っていました。痛みについてインターネットをブラウズしていたら「皮膚にも神経痛というものがある」ということを知りました。「後頭神経痛」とか「頭皮神経痛」と呼ばれるものがあるそうです。

私の場合、後頭部でなく頭のてっぺんが痛くなります。環境、ストレス、生活習慣の乱れが原因だとか。今もちょっとてっぺんがヒリヒリしていますが、触って痛いほどではありません。

痛いと言えば、2、3日ぐらい前から左側の肩甲骨の溝が痛くなり、最初の日は痛くて歩くのも億劫でした。きょうの午後まで残っていたその痛みが夜になってからやっと治りました。肩甲骨の痛みの原因はいろいろあるらしいですが、私の場合は胃のせいだと思っています。内臓と背中の筋肉は繋がっているそうです。私は胃の調子がいいと、顔の浮腫みもなく明るくいられます。胃を侵すと偏頭痛、筋肉痛、浮腫み、歯痛、鬱等々、諸々の支障が出てきて気分も悪く機嫌も悪くなります。

痛みがあると考えも鬱々として暗くて嫌なことばかり浮かんできます。ここ数日、嫌なことばかり頭に浮かんできたのもそのせいでしょう。

名付け方

私の性格がいじけているのにはいろいろな要因がありますが、生まれた時からそれは始まっていたようです。私が生まれてすぐには父はまだ私を疎んではいなかったらしく、名付けの診断をする人に何千円かを支払って「友美」という名前をもらってきたそうです。

父がそこまでしてもらってきた名前をヒステリックに否定して、近所に恵美子という子がいるから、それをひっくり返してつけたらいいのだと母が宣い、私の名前が決まったらしいのです。

母が否定した理由は、子供の名前にそんな金を払うバカがいるかということと、二文字の名前はバーのホステスのようだという事からだそうです。

せっかく子を思う素直な気持でもらってきた名前をそういう理由にもならない捻くれた感情で捨てるという、聞いていて気分の悪くなる話を、なぜ今思い出したのか...多分「同姓同名の女」というミステリーをYouTubeで見ていたせいかもしれません。

何しろ私の人生はその時から、名前にいじけた思いが入り込み、すでに悪運を含んだものとなったようです。

 

カルシトニン遺伝子関連ペプチド

昨夜、TVはつけていましたが、別のことをしていて、ふと耳に「偏頭痛」という言葉が入ってきました。TVコマーシャルで言っていたのです。アレッと思って見るとAimovigという商品の宣伝をしていました。1カ月に起こる偏頭痛の回数が半減するというのです。私の場合、最近は週1か週2の割合で起こっているので月にすると4~8回、その度エクセドリンを飲む回数も多くなり、飲むたびドバっと血便がでるのでとても困っているのです。

Aimovigがどういう薬品かと思ってウェブサイトを見てみたら、月に1回モモに注射する液体薬品でした。そしてとても高価です。1回分が5万円以上。保険がカバーすればもっとずっと安くなるようですが、カバーする比率は保険により差があります。

Aimovigのサイトの説明で特に目を引いたのがCGRP (calcitonin gene-related peptide)という言葉。日本語訳をみたら『カルシトニン遺伝子関連ペプチド』とありました。何のことやら?

CGRPの日本語fウィキをみるとこう記されていました。

カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide、略:CGRP) とは、中枢神経、心臓や血管など末梢の一次知覚神経の終末および遠位端に存在しているアミノ酸37個からなるペプチドである。カルシトニン遺伝子が選択的スプライシングを受けて作られ、αCGRPおよびβCGRPの2種類の異性体が存在する。αCGRPは主に末梢の感覚神経節のAδ線維およびC線維内に、βCGRPは主に腸管の神経系に分布する。

f:id:nykanjin:20190910003514j:plain

カルシトニン遺伝子関連ペプチドは受容体を介して細胞内cAMPを上昇させ、血管拡張、心拍数減少および心筋収縮力増大を起こしたりする。炎症にも関連し、軸索反射により放出されると紅斑(フレア)が出る。

また、片頭痛では三叉神経末端が刺激されてそこからCGRPが分泌され、血管拡張を誘発して片頭痛が起こるとされる。このため片頭痛急性期治療にカルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体の拮抗薬が有効ではないかとする研究が進んでいる

なんじゃ、専門用語ばかりでさっぱり分らん。軸索反射の図解は私が勝手に貼り付けましたが、それでもよく分らん。

ただ、私の場合、三叉神経が刺激されるというより、胃腸の神経系に分布するβCGRPが問題のような気がします。というのも三叉神経の刺激を緩和する手法を施しても偏頭痛は緩和しないからです。それに私はもう急性期ではなく慢性期(40年ほど)になっているので、効果があるのかどうか疑問です。CGRPが甲状腺癌に関係しているということは納得。しかし、偏頭痛がDNAレベルになってくると何が何だか益々分からなくなりました。

ま、この液体薬品、高価でもあるし、注射という方法もなんだし、もう少し期間をおいて、もっと安くなって錠剤にでもなったら試してみようと思います。