The Farewell 観ました

The Farewell

f:id:nykanjin:20190720140753j:plain

コメディ? ...として作られたようです。

米国に移住した両親と米国育ちの娘が、中国に居る娘の祖母が癌で余命幾ばくもないと知り、祖母に会いに行きます。祖母本人に癌のことを隠して告げずにおくため、親族全員が祖母の元へ集まる理由として偽装の結婚式を仕立て上げます。目出度いはずの結婚式に皆しめっぽくなるのですが、コメディの題材としてはチト扱いが難しかったようです。

愛する祖母が亡くなるのは耐えがたく、悲しい気持は分りますが、老いれば死が近づくことは人の理(ことわり)であり、それを余りにも嘆き悲しむ様子が大人げなくも思えました。

この作品、巷では高い評価がついているようですが、私にとってはよくある話で、意外性もなく幼さが感じられる作品でした。

Google無料翻訳ツール

相棒は私のコラムを無料翻訳ツールで英訳して読んでいるんですが、これが酷いんです。Google  は、わざとヒドイ訳になるようプログラムしていると思われます。「無料なんだから本質を突いた訳なんかするわけないだろが、アッカンベー😜」ってな感じです。

下欄の『ワタシャしゃーわせだなぁ。』という部分の英訳が I'm waiting for you. となっているのを見て、目が点になりました(笑)。何をどうプログラムすればこんな訳になるんだろー。 

以前、まだ Google に良心があった時、 「さし歯」を「鸇(さしば)」という鳥に訳した時はプログラムの語彙の多さに驚いたものでしたが、現在のツールは他人(ひと)馬鹿にしたプログラムに変更されています。それも米国民主党の悪口を書くと別の悪くない言葉に訳されるので、その入念なプログラムの仕方に粘り濃い狡猾さを感じます。

さて、以上はどのように訳されるでしょうかね。

 

老いと自画像


f:id:nykanjin:20190717023029j:plain

最近、朝、洗面所の鏡に映る自分の肥満した顔を見て呆れます。目が「柿の種」みたいだなぁ、などと他人事のように思ったりしています。

←自画像を描いてみました。

肥満体なので顔が肥満しても不思議はないのですが、下膨れでマリオネットラインが顕著になってくるのは老いの象徴です。

70歳近くにもなったら日本の老人は痩せてくる、というのが私の昔の印象でした。私は老いても食が細くならないので肥満したまま。

こんなになった私なのに相棒は毎日毎日「ハロー、ビューティフル」と挨拶してくれます。毎年バレンタインズデーには花束を贈ってくれます。ワタシャしゃーわせだなぁ。

The Art of Self-Defense 観ました

The Art of Self-Defense

f:id:nykanjin:20190715101622j:plain

この作品の主人公は内気で臆病で社交性がありません。社交性がない所が私と似ているので同情心が湧きました。

主人公が夜中一人で買物に出かけた時に暴漢に襲われます。自分を守るためにピストルを購入することを考えましたが、その前に空手を習うことにします。その空手道場が何やら胡散臭い所で、混乱した主人公が操られていきます。月並なストーリーではありますが、私には面白かったです。ただ完全犯罪というものが容易(たやす)く出来ると思わせるところが気になりましたが、ファンタジー作品であることを念頭に入れればいいと思います。

デビル

f:id:nykanjin:20190715042225j:plain

この世には色々なデビルがいますが、最近この人が怖いですね。そしてこの人を裏で操るサタンが怖いです。怖いけれど、私はもうそろそろこの世からいなくなるからさほど自分の心配はないですが、この先の世代が大変だと思います。

淀川 長治さんだったら『怖いですね、怖いですね。ハイ、さよなら、さよなら』というところかな?

 

NY市西側のパワーアウト

私たちは午後6時頃、アパートを出て、バスで東のミッドタウンの中華料理屋へ向かいました。そこでゆっくり夕食を楽しんで、9時過ぎに西アップタウンのアパートへ戻りました。

しかし、なんだか街中が暗いと思ったら、西アップタウン全体が停電となっていました。私たちが出かけた後、午後6時半ごろからパワーアウトになっていたそうです。そんなこととはつゆ知らず、呑気に夕食を楽しんでいた私たちでした。

アパートのドアマンが夜光塗料の棒を1つくれました。その灯りで非常階段を上がって部屋まで行きました。もちろんエアコンも冷蔵庫もアウト、インターネットもWi-Fiが使えず役に立ちません。電池のラジオを聴いていましたが、水が出ている内に歯を磨いておき、面倒だから寝ちゃおうかな、と思っていたら、10時半過ぎに明かりが点きました。

私たちは東側に出かけていたので停電に気が付かず、帰宅したら1時間ほどでパワーが戻ったので、ラッキーだと思いました。神様、ありがと。

 

 

 

ウェスタリーの海辺のハイビスカス

もう1枚、曇り空の日、ホテルの庭の石囲いの近くに咲いていたハイビスカスの印象を描いてみました。空の感じが未完成っぽいね。気が向いたら描き直そう。

PCに入っていた無料のお絵かきソフトでマウスを使って描いてます。最初マウスが言うこと聞いてくれなくて奮闘したけれど、十数年経ってマウス筆にも慣れてきました。今は油絵用のマウス筆で色の使い方を練習中です。

f:id:nykanjin:20190710140222j:plain