雑文

夏至

きょうは夏至。日本は昨日でしたね。 予報では、これから3カ月ほど、米国東海岸は例年より暑くなるらしいです。ま、夏だから暑くて当たり前、そしてまた秋が来て冬が来て..。 繰り返しているようで毎年同じじゃないですね。いつのまにか老いている自分に気…

あとで気が付いた古希の紫

長寿の祝いは、喜寿77、傘寿80、米寿88、卒寿90、白寿99そして百寿。 昔は70歳が「古来稀な長生き」と思われていたので「古希」としたそうです。今はもう稀ではないので呼び方を変えた方がよさそうです(笑)。 その古希のお祝いは、数え年の70歳、満69歳です…

便利さの裏返し

昨夜はバスタブに水を張り、台所には5つの鍋に水を貯めて置きました。 今日、このビルの屋上にあるウォータータンク(貯水槽)を新しいものに取り替えるのです。1カ月ほど前に管理会社から「当日は朝8時から夕方6時まで水道使用不可」という連絡があり、こり…

スロープが同形

まぁったくどうでもいいことなんですが、以前、ハリー王子とメーガンさんのプロファイルがなんとなく似ていて、特に鼻のスロープがよく似ているなぁと思ってたんです。 本日、このカップルに男の子が誕生したらしいですが、鼻の形が両親に似てたら、私クスッ…

可愛いゴリラの靴

デカ足の私は米国の靴のサイズの豊富さが有難いです。2年前このブログに 『これなら履けんだろ、ゴリラ!』というタイトルで私のデカ足について書きました。老いても足は縮まらず、いまだ幅広25センチの私(ワタクシ)。幸い、こちらのオンラインではサイズが…

新種ウィルス?

せっかくインターネットという非常に便利なものが出来たというのに、人間というものは愚かなもので、というか神様が「そう簡単に100%便利にはさせないゾヨ」と人生を複雑にさせているのか、人が作り出したバグだのウィルスだの七面倒臭いマルウェアがネット…

O. Henryと白アスパラガス

十代の半ば頃、私は短編を読み漁っていました。長編は嫌いでした。話を膨らませる脚色が私には邪魔でもどかしく、数人の登場人物の名前を憶えるのも面倒で、何より「さっさと結末へ行けや」と思ってしまうためでした。 長編でも『赤毛のアン』は好きでした。…

バカバカしい映画館の料金

40年以上前のことを言えば笑われますが、NY市の映画料金は3~5ドルぐらいでした。それが少しずつ値上げされて、7ドルぐらいになった時、私はすでに高過ぎると思っていました。しかし、その後ますます値上がりして、現在は15~18ドル。シニアはそれより2~3…

ビア樽

綿か麻で作ったシンプルなAラインのドレスなら、肥満体のババァでも着られます。ところがそういうシンプルなデザインがなかなか見つからないです。布地を買って自分で作ろうかとも思うのですが、残念ながらビア樽ポルカの体形なので、頭に浮かぶスタイルと現…

新元号

朝、PCで日本のニュースを開いたら【令和】とあり、妙にホッとした気持になりました。知識人たちの間でいろいろ言われていたけれど、ヒョロッと違う簡潔な字が選ばれ、「和」という私の馴染みの漢字で抑えてあったからかも知れません。 私は、日本を離れてか…

20日目のバラ

もう半分以上のバラがフニャリとしおれてしまい、残ったこのバラたちも多分今日が最後でしょう。 花は開き過ぎて花弁がこぼれ落ちそうですが、それでも花冠は上を向いていて最期まで美しくあろうとしているようです。 人間にもこのバラのようにいつまでも美…

Angele’s Share (天使の取り分)

ウィスキーが熟成していく際、水分が蒸発して樽に出来る隙間を「天使の取り分」と呼ぶそうです。 私と相棒が出会って付き合い出したのが1989年。2007年にケンタッキー州を訪れた時、酒屋で1989年のウィスキー(当時18年物) を見つけたので買っておきました。…

お婆のつれづれ

年が明けて、お茶を飲んでたらもう10日過ぎていた、という感じ。一年が早い。老いにも加速がついてきたようです。 最近、誤嚥が多くなりました。普通に飲み込んでいるつもりが何故が気管に入って咳き込むことが3度に1度ぐらいあります。また、持ったモノを…

汚れてきたインターネット

今朝、パソコンを開けて、ボーッと最初の画面にあるショートカットのアイコンを見ていたのですが、ふと気が付くと私の名前のファイルがありました。そんなファイルもショートカットも作った覚えがありません。いつ作成したのかデータをみようとしても見当た…

来年まで ごきげんよう

いつもご訪問ありがとうございます。だんだん老いに拍車がかかってきたこのオババ、いつまで書き続けられるか、ふと考えることも多くなりました。 ブログらしきものは1999年ごろから書き始め、延べ19年近く続けていることになります。最初の数年に書き込んだ…

禿と禿

掲題は、ハゲとハゲではなく、カムロとハゲ or ハゲとカムロと読みます。 私が子供の頃、叔母に「あら、おカムロさんみたい」と言われたことを薄っすら憶えています。その時カムロという言葉を知りました。カムロが髪型、またその髪型をしたある種の少女を指…

You are what you eat

昔 You are what you eat という言葉を聞いた時、まだ若かった私は「短絡的で浅慮な考え方だ。よくある『ユーモア交じりの老女の言い回し』だろう」と勝手に思い込んでいました。しかし浅慮だったのは私の方でした。その言葉には真理がありました。 チーズは…

ソウルメイト

私はソウルメイトに出会うことが出来た幸運稀なる人間の一人。 最近、ツインレイという言葉を知りました。ソウルメイトには、ツインレイ(正反対の性質)、ツインフレーム(同じ志)、ツインソウル(似た者同士) などの種類があるらしいです 。 私と相棒は確実に…

銀行の資質

昨日の夕方、いつも使う銀行に行きました。ホリデーギフト(金一封)のため、いつもより高額の現金が必要だったのです。今までは 2~3回に分けてATMから現金を引き出していましたが、今回は全額一度におろそうとして窓口へ行きました。窓口ではバンクカードの…

企業の資質 Overstock.com

私が米国に来たのは47年前。いまだに日本の「お客様は神様です」的な感覚が抜けず、最近の店員の態度の悪さに少し気分が悪くなることがあります。高級な店は知りませんが、一般庶民の店で支払いを済ませると、客をみないで横を向いて黙ってレシートを渡すレ…

Hunter’s Moon

今夜は満月です。こちらで Harvest Moon (秋分の日に近い夜の満月) の次に見られる満月をHunter’s Moonと呼ぶそうです。 先週末に見た月が、まさに煌々(こうこう)と言う表現にピッタリな輝きをみせていたので、何となく今日の満月が気になっていました。この…

NY 束の間の秋

NY市は、急に夏になったり冬になったりします。数日前、急に涼しくなったと思ったら昨日人々はもう冬の服装でした。通りすがりに「4日前まで夏だったのに・・・」という話声が聞こえてきたと相棒が言いました。確かに4日ほど前まで部屋にクーラーを入れてま…

ふと思ったこと-犬の公衆トイレ

今日、買物の帰り道、ゴロゴロと買物バッグを引いて、時々吹く風に乱れて顔にかかる髪をフッフッと息を吹きかけて除けながら、ゆっくり歩いていました。何気なく空を眺めると青空にウロコ雲。するとフウッと自分が身体から抜け出て自分自身を俯瞰しているよ…

風呂場の修理工事(2)

今日で修理三日目。最初の穴穿ち、昨日の穴埋め、そして今日は漆喰塗り。明日はタイル張りとペンキ塗りで外装完了、修理終了。 毎日、修理の仕事の音と左官屋さんの電話のお喋りを聞くともなく聞きながらパソコンを弄っていました。スペイン(南米)語を話す左…

風呂場の修理工事

今年ももう9月半ば近くになりました。先週末あたりからハリケーン・フローレンスの影響でNY市は雨天が続いています。今週末には東岸南部に上陸するらしいですが、勢力が弱まって被害が少なくなることを祈ります。 さて、昨日から私たちのアパートの風呂場の…

漢字を読むゲーム

最近、YouTubeで日本のゲームショーを見ていて、「腥い」という字があることを知りました。そしてそれを「なまぐさい」と読むと知りました。 「嘲う」は「からかう」と読み「あざわらう」とは読まないこと今さら知りました。「論う」は「あげつらう」。「論…

トラバトーレ

下欄にtroubadour (米語でtroubador)のことを書きましたが、何だか聞いた事のある言葉だなぁと思っていました。そして、私の頭の古い記憶から、日本語のトラバトーレというカタカナ言葉が頭に浮かびました。 トラバトーレについてウィキをみると「フランス語…

日本の中国地方の豪雨

日本の豪雨による被害に心痛めています。倉敷も大きな被害にあっていると聞き、『お涼さん』は大丈夫かと気になっています。 私がブログを始めた頃だからもう20年ほど前になりますか、鬱のため少し頭のおかしな書き方をしていた私のブログで、ハンドルネーム…

訪れていない州 ー 米国内

いつも体中に炎症が起こっている私は、殆ど毎日節々が痛み、シコシコした頭痛がいつまでも残っている日が多いのですが、今朝は不思議と炎症が少ないのか両肩がいつものように痛みません。そのせいか気持も軽いです。最近寝る前にサクロンを飲んでいるので、…

ししち

うゎ、もう半年過ぎてしまった。最近益々脳の退廃が進んでいます。老いを感じます。2,3日前、4x7の答えが急に出て来なくなって焦りました。「ししち・・・?」「しちし・・・?」もしかしたら九九を忘れてしまったのかと思い、唱えてみました。そして…